連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Galaxy派に。サムスンの紛失防止タグ「SmartTag」が便利!

author 訳:遠藤康子/ガリレオ
  • カテゴリー:
  • TOOL
Galaxy派に。サムスンの紛失防止タグ「SmartTag」が便利!
Image: Samsung

サムスンは2021年1月、「SmartTag」という、とても小さな電池式タグを発表しました。SmartTagは、大切な持ち物が見当たらなくなったときに、その位置を確認するのに役立つ紛失防止用トラッカーです。

キーホルダーのような形状をした機器で、電池の持ちは1ヵ月。Bluetoothを介して、サムスン製スマートフォンと接続でき、鍵やペットの首輪、バックパック、財布など、キーチェーンをつけられるものなら、何にでも装着が可能です。そして、このSmartTagをつけた持ち物が万一、行方不明になったら、サムスンのアプリ『SmartThings Find』で行方を追跡できます

しかもこのSmartTagは、接続が切れてしまったときでもきちんと機能します。

近くにあるほかのサムスン機器に暗号化された信号を送り、個人情報を保護しながら、持ち主の『SmartThings Find』に位置を知らせるようになっているからです。また、正確な位置がわかりやすいよう、音を鳴らすこともできます。

「SmartTag」2種類の特徴・機能の違いは?

サムスンが発表したのは、「SmartTag」と「SmartTag Plus」の2種類です。どちらもアイテムを追跡・発見するために使えますが、特徴や機能に違いがあります。

SmartTag:

こちらが基本のタイプです。搭載されているのは、Bluetooth Low Energy(BLE)という、ワイヤレスヘッドフォンとスマートフォンを同期するときにも使われる技術です。BLEが使われているので、このSmartTagは、どのGalaxyスマートフォンとも接続できます。

また、サムスンの機器が近くにあれば、三角法で位置を割り出すことも可能です。とはいえ、アプリ『SmartThings Find』で確認できるのは、SmartTagまでのおおよその距離であり、行方知れずの持ち物の場所まで案内してくれるわけではありません。

SmartTag Plus:

より進んだ機能が搭載されているのがSmartTag Plusで、UWB(超広帯域)無線システムを使って接続します。

実は、UWB接続に対応しているサムスン機器は、Note 20 Ultraと、発売間近のGalaxy S21 Plus、S21 Ultraしかありません。けれども、SmartTag Plusなら正確な位置を確認することが可能です。

また、アプリ『SmartThings Find』には、AR機能を用いたルートが表示されます。ビデオゲームのウェイポイントのような印が出てくるので、行方不明のSmartTag Plusまでラクにたどり着けるでしょう。

SmartTagとSmartTag Plusの違いは、技術面と対応機器だけではありません。価格と購入可能時期も異なります。

Bluetooth Low Energyを使った基本のSmartTagは、米国ではすでに購入可能です(日本では未発売)。価格は1個30ドル、2個セットは50ドル、4個セットは85ドルと、購入数が増えれば少し安価になります。

また、期間限定ではありますが、Galaxy S21シリーズのスマートフォンを購入すると、SmartTagが1個無料でもらえます(米国のみ・2月28日に終了)。

一方、SmartTag Plusは発売がもう少し先で、価格は1個40ドル、2個セットは65ドルです。

SmartTagは、Galaxyスマートフォンを使っている人には便利かもしれません。

iOSや、サムスン以外のAndroidスマートフォンを使っていて、自分の機種に対応する同種の紛失防止トラッカーがほしい人は、「Tile」を検討してみてください。

あわせて読みたい

荷物がそろっているか一目でわかる、グルーピング機能が加わった忘れもの防止タグ『Adero』

Image: Samsung

Source: Samsung Galaxy SmartTag

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next