連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

動画編集ツール選びで最も大切なのはフォロー機能と使い勝手

  • カテゴリー:
  • TOOL

Sponsored By アドビ株式会社

動画編集ツール選びで最も大切なのはフォロー機能と使い勝手
Photo: 小暮ひさのり

新しい生活様式、新しい働き方が求められる昨今。多様化する社会のなかで、ビジネス環境は劇的な変化を続けており、私たちのワークスタイルもまた、それに合わせた対応力や複数のスキルが求められる時代になりました。

特に近年求められるスキルとして注目されているのが「動画編集」スキル。

YouTubeをはじめ、TikTokやInstagramなど、動画プラットフォームは情報のインプット・アウトプットとして欠かせません。趣味や日常のスクラップをYouTubeやSNSに投稿して楽しむのはもちろん、プレゼンなどのビジネスシーンで説得力が求められるケースでも、動画は非常に効果的です。

職種によっては、動画編集スキルがあることによって仕事の幅が広がり、キャリアアップへつながる可能性もあるでしょう。

また、スキルを習得することで、本業以外へと手を伸ばすこともできるようになるでしょう。事実、筆者の本業はライター業ですが、最近は商品レビュー動画も積極的に投稿するなど、文筆以外にも挑戦して収入を得ています。

筆者の例はやや特殊かもしれませんが、昨今のリモートワークの一般化によって浮いた時間を使い、副業的に動画コンテンツ制作を手掛けることも現代的なサイドビジネスと言えるのではないでしょうか。

こうした動画ニーズの高まりもあり、動画編集も無料ツールなどでカジュアルに始められるようになっています。しかし、筆者の経験からすると、せっかく動画編集をやるのなら最初から機能やユーザー支援がしっかりとしているツールを選んだほうがメリットが大きいと感じています。

2021-02-25Adobk01
Image: 小暮ひさのり/logo: Adobe

その最たるものが、「Adobe Premiere Pro」です。

いわゆるプロ向けの動画編集ツールですが、初心者へもおすすめできる選択肢だと感じています。ここでは、なぜ動画編集に「Adobe Premiere Pro」を選ぶべきなのか? その理由について説明していきましょう。

「Adobe Sensei」が動画のクオリティを上げ、初心者でもプロに近い仕上がりに

Adobeツールを導入する利点として、まずはAdobe Senseiという技術をなくしては語れません。

「Adobe Sensei」とは、近年のAdobeツールの快適なエクスペリエンスを支える、Adobeの人工知能(AI)と、マシンラーニング(機械学習)による操作支援の技術です。手間がかかる作業をAdobe Senseiの支援に任せることで、ユーザーはクリエイティブな作業に専念できるのです。

2021-02-25Adobk08
Image: 小暮ひさのり

たとえば「Adobe Premiere Pro」では、用意した素材のカラーを統一(カラーマッチ)してくれたり、音量の自動調整(自動ダッキング)をしてくれたり。被写体認識で、対象をフレームに収めたまま縦横比を変更(オートリフレーム)してくれるなど、本来プロが手動で経験や知識を元に調整するパーツも、Adobe Senseiなら自動化可能なのです。

仮に動画編集を始めたばかりのビギナーだとしても、AIに任せることでクオリティのブレを防ぎ、プロのそれに近い仕上がりを実現できるでしょう。

副業を始めるからには、なるべく早く収益化を目指したいもの。Adobe Senseiにフォローしてもらうことで、初期のもたつきをショートカットでき、時間的、労力的なロスを限りなく軽減することが可能になるのです。

もちろん、経験者にとってはさらにワンランクアップの動画が作れるだけの機能がついています。

2021-02-25Adobk02
Photo: 小暮ひさのり

詳細なカラーバランスで色味や露出を調整したり、多種多様なクリエイティブエフェクトでテイストの調整や撮影時の失敗までフォロー可能。ただ動画をつなげるだけでなく、さまざまなエフェクト、タイトルによってこだわった演出もできるようになります。

こうした編集シーンでは、操作シーケンス全体のエフェクトを一度にOFFにできる「グローバルFXミュート」や、下にあるトラックに一括でエフェクトを適用できる「調整レイヤー」も便利。

重い4K動画を扱うときも、処理の軽いプロキシファイルに置き換えて編集すれば、作業時のPC負荷も減らせます。経験者にとっても、さらにクオリティアップした動画を効率良く作れる実力が備わっているのが「Adobe Premiere Pro」なのです。

わからないこともすぐに解決。充実のチュートリアル&集合知

Adobe Premiere Pro」の「手軽さ」を享受できるシーンは多岐にわたります。

たとえば『プロ向けのツールだから、専門書や専門家によるレクチャーが必要なのでは?』といった導入・乗り換えハードルの高さをイメージする方も多いかもしれません。

2021-02-25Adobk04
Image: 小暮ひさのり

しかし、それはおそらく杞憂です。

「Adobe Premiere Pro」がプロも使えるツールであることは事実ですが、しっかりとしたステップ式のチュートリアルが用意されているのです。

初めて動画編集に触れる人でも、チュートリアルに沿って進めていけば、基本的な編集はマスター可能。乗り換えは想像以上にスムーズに終わるでしょう。

2021-02-25Adobk03
Image: 小暮ひさのり

また『こういうときにどうすればいい?』といった疑問を解決しやすいのもAdobeツールの魅力です。インターネットで検索すれば、HowTo動画やテクニック紹介、機能の応用方法など、ノウハウをすぐに見つけられます。

クリエイター向けのマストツールとして、長年支持され続けてきた歴史・集合知が私たちを助けてくれるため、「Adobe Premiere Pro」は非常に間口の広いツールだと言えるでしょう。

「Photoshop」「Adobe Stock」などのAdobeツールとの強力な連携力

2021-02-25Adobk05
Image: 小暮ひさのり

動画のクオリティをあげようと思うなら、素材集めも大事ですよね。こうした時に融通がきくのもAdobe製アプリの特徴です。

さまざまなアプリがバンドルされている「Adobe Creative Cloud」であれば、「Adobe Premiere Pro」以外にも、レタッチアプリ「Adobe Photoshop」や高機能なフォトエディットアプリ「Adobe Lightroom」、グラフィックデザインアプリ「Adobe Illustrator」など、スペシャリストが一線で利用しているさまざまなAdobe製ツールが利用できます

写真などの静止画を素材として利用するにしても、Lightroomで現像→Photoshopでレタッチ・編集→Premiere Proで読み込み、といったように一連の流れがすべてAdobeアプリ内で完結。共通性のあるインターフェースと、高い連携力(PhotoshopのPSDファイルも直接読み込める)によって、素材作成の時間も含めて短縮できます。

2021-02-25Adobk06
Image: 小暮ひさのり

1万5000点を超えるフォントを追加料金なしで使える「Adobe Fonts」も魅力的です。動画は字幕の見やすさやデザイン性も評価につながるので、美しいフォントを選べば「いいね」の数を増やすのに有利。動画の説得力向上も期待できるので、プレゼンテーションシーンなどにも有益です。

2021-02-25Adobk06
Image: 小暮ひさのり

素材として活躍するもうひとつのサービスが、「Adobe Stock」です。

こちらは「Adobe Creative Cloud」とは別料金となりますが、写真や動画など2億5000万点を超える高品質なクリエイティブ素材が用意されており、動画を彩るアクセントとして活用できます。

しかも、「Adobe Premiere Pro」上からAdobe Stockの素材へと瞬時にアクセス可能。検索、プレビュー、カスタマイズ、ライセンスを取得するまで、タイムラインを離れることなく行なえるのです。

こうして、動画素材の入手から編集、出力まで。サービス間で連携し、効率の良い導線が整備されているのが、多くのクリエイターから支持を集めているAdobeエコシステム。「Adobe Premiere Pro」を選びたくなる、効率とクオリティ向上へのアプローチなのです

クオリティの高い動画を作れるツールを最初から覚えることのメリットとは?

動画をつくるだけなら選択肢は多々あります。『最初はもっとシンプルなツールを選んでも…』といった考えもよぎるかもしれません。

確かに「Adobe Premiere Pro」はプロも使う動画編集ツールで、高性能・高機能。価格も「Adobe Premiere Pro」が含まれる「Adobe Creative Cloud」のコンプリートプランは月額6248円(年間プランー月々払い)とコストがかかるのも事実です。

しかし、ここまで紹介してきたように、「Adobe Premiere Pro」はプロ向けとは言え、導入のハードルは低く、実作業において便利な機能、使いやすいツール・サービスが備わっていて、支援機能も充実しています。

動画編集での最上のツールのひとつなのも事実なので、最初から「Adobe Premiere Pro」を選んでおけば、ツールを使い分けたり、ツールを変更して勉強し直すようなロスも起こりません。

得た知識が無駄にならず、ストレートにスキルへと蓄積されていくため、無料のソフトでゆっくりステップアップするよりも、支援機能が豊富な「Adobe Premiere Pro」でスタートしたほうがスキルアップへの近道だと言えるでしょう。

2021-02-25Adobk07
Photo: 小暮ひさのり

なにより、表現の可能性をわざわざ狭める必要はありません。

自分の思う通りの動画をアウトプットするためには、最初から高機能で支援能力の高いツールを選んでおくのが正攻法ではないでしょうか。

動画編集は、PCと「Adobe Premiere Pro」さえあれば、始められますし、StayHome中の時間でも身につけられます。それは、仕事の幅を広げるキャリアアップチャンスであり、収益を得られる副業へとつながる可能性も秘めています。

人生の選択の幅を広げるスキルとして、プロも使う「Adobe Premiere Pro」で、2021年は動画編集を初めてみてはいかがでしょうか?

Adobe Senseiによる自動化支援、親切なチュートリアル、そして大量に用意されたノウハウなどは、踏み出す一歩を力強く後押ししてくれるはずです。

そのスタートは、今からでも決して遅くはありません。

Photo/Image: 小暮ひさのり

Source: Adobe Premiere Pro , Adobe Sensei, Adobe Creative Cloud , Adobe Photoshop , Adobe Lightroom, Adobe Illustrator , Adobe Fonts , Adobe Stock

小暮ひさのり

swiper-button-prev
swiper-button-next