連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

目が疲れにくい? モニター設置型のデスクライト【今日のライフハックツール】

author 田中宏和
  • カテゴリー:
  • TOOL
目が疲れにくい? モニター設置型のデスクライト【今日のライフハックツール】
Image: Amazon.co.jp

PCの前でずっとモニターを見続ける必要がある人にとって、眼精疲労(VDT症候群)は悩ましい問題です。

約1時間ごとにモニターから視線を外し、ぼんやりと遠くを見るなどの対策も有効なようですが、モニターに映り込む光(照明器具の反射光)をカットすることも、疲労の予防につながるという見解があります。

BenQの『ScreenBar』は、モニター上部に設置するタイプでありながら、光の反射がゼロというデスクライト。

夜は部屋の照明を暗めにして作業したいという人にオススメのアイテムですよ。

20210116_benq_01
Image: BenQ

上の図のとおり、光がモニターに当たらないのは、モニター上部に設置しても反射光を抑える、『ScreenBar』独自の非対称による光学設計で制御しているから。

しかも、光センサーが搭載されていて、手元の明るさを常に最適な光量(約500ルクス)に自動調光してくれるという機能もあります。

これによって、手元と画面との明暗差を適正に保ち、目の負担を和らげるそうです。

20210116_benq_02
Image: Amazon.co.jp

2700K(暖色)~6500K(寒色)まで、8段階で好みの色温度を調整可能というところも、うれしいですよね。

さらには、自動調光をオフにして、手動で14段階の輝度調整をすることもできます。

20210116_benq_03
Image: Amazon.co.jp

角度調整可能なクリップが重りとなって、ベゼルにぶら下がるような固定方法なので、ほとんどのモニターで問題なく使用できるはず。

公式には、モニターの厚みが約1~3cmで、上部ベゼルの幅が8mm以上のモニターに対応しているそうです。

アームの角度調整とは別にライト(光軸)の角度調整も可能なので、取り付け時に光軸のバランスを取る必要がなく、スムースに設置できそうです。

ちなみに、ノートPCにセットする場合は、インカメラを塞いでしまう可能性がある点にご注意ください。

20210116_benq_04
Image: Amazon.co.jp

USB電源を利用するので、コンセントまでケーブルを延ばす必要がなく、モニターの背面を通せるのでスッキリした印象にできるでしょう。

一般的な電灯と違って、省スペースなところも見逃せません。夜間のPC作業が多い人、要チェックですよ。

あわせてチェックしたいアイテム

あわせて読みたい

リモートワークを快適に。集中できる環境を作るアイテム10選|これ買ってよかった

なぜ観葉植物を置くと、メンタルが整うのか? 4つの理由


Source: Amazon.co.jp, 眼精疲労.com / 名古屋アイクリニック

Image: Amazon.co.jp, BenQ

swiper-button-prev
swiper-button-next