連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

AppleがリリースしたChromeの拡張機能「iCloud Passwords」とは?

  • カテゴリー:
  • TOOL
AppleがリリースしたChromeの拡張機能「iCloud Passwords」とは?
Image: Shutterstock

macOSとWindowsという2つのプラットフォームを併用していたり、AppleとApple以外のものを併用していると、ちょっとめんどうだなと思うことがあります。

しかし、パスワードをキーチェーン(アップルが開発したパスワード管理システム)に保存し、それをiCloudにアップロードしてAppleデバイスと同期すると、その機能をWindowsシステムに拡張できるようになりました。

Appleがブラウザ拡張機能をリリース

Appleは、キーチェーンのパスワードをChromeに取り込むことができる新しいブラウザ拡張機能、「iCloud Passwords」をリリースしました(少し調整するだけで、Edge Chromiumにも適用できます)。

ChromeやEdge Chromiumのブラウザで作成した新しいパスワードもiCloud のキーチェーンに同期すると、接続されているAppleデバイスで使用できます。

しかし、これではFirefoxのユーザーはこの機能を使えません。また、ブラウザを介してしかパスワードにアクセスできないことになります。

キーチェーンはまだ古き良きiCloud.comに組み込まれていませんし、1PasswordやLastPassのように、Windowsで使用できるAppleのアプリもありません。

pw2
Screenshot: David Murphy

拡張機能を使う方法

このパスワード同期機能をChromeに取り込むには、ブラウザを起動して、Chrome Web Storeに行き「iCloud Passwords」拡張機能を取得します。

その際、もし、まだiCloud for Windowsをインストールしていない場合はこれもインストールしましょう。

この拡張機能を有効にするには、このアプリのバージョン12が必要です。

現時点ではMicrosoft Storeからアップデートを入手するしかないようですが、もしかしたら読者の皆さんは、すでにアップデートしているかもしれません(あるいは、間もなくアップデートできるようになります)。

拡張機能を使う時に注意すべきこと

私自身は、「iCloud Passwords」拡張機能をまだ入手していませんが、パスワードをiCloudと相互に同期しあうためには、パスワードボックスにチェックを入れる必要があることは知っています。

したがって、WindowsのiCloudバージョン12.0を既に持っている場合、または12.0が表示された場合は、必ずそのオプションにチェックマークを付けてください。これをしないと、拡張機能は機能しません。

それ以外は、「iCloud Passwords」 拡張機能の操作は他のパスワードマネージャーと同じくらい簡単で、特に問題はないようです。

ただし、Edge Chromiumを使用しているときに、この拡張機能を「iCloud for Windows」と同期しようとすると、問題が生じるかもしれません。

この拡張機能は問題なくインストールされますが、ChromeではなくInternet Explorerに同期していることを明確にしなければなりません。

そのため、「ブックマーク」オプションの設定を調整する必要が生じるかもしれません。

私は、このアプリのアップデートバージョンを入手したらすぐにテストしてみようと思っていますが、ここでご紹介した修正策が効果的だったという記事を読みました。

Edge Chromiumは、Chromeのように見せかけていても、実はInternet Explorerであって、Chromeとの共通点は多くても、Chromeではありません。

あわせて読みたい

GoogleドキュメントでNotionライクなショートカットが使えるChrome拡張機能【今日のライフハックツール】

【まとめ】仕事効率化に役立つ|個性派メモアプリ・拡張機能8選


Image: Shutterstock

Source: Google, Microsoft

David Murphy – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next