連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日から健康的な睡眠習慣を作る方法

今日から健康的な睡眠習慣を作る方法
Image: Shutterstock

2019年3月7日公開記事を再編集して再掲しています。

私はこれまで、くだらない理由でさんざん夜更かしをしてきました。ときには、見込み違いのせいでそうなることもあります。

たとえば、やるべき仕事を片づけようとしたものの、疲れすぎていて集中できなかった、というような。

でもたいていは、単なるなりゆきです。Netflixを見はじめてしまったからそのまま見つづけるとか、今夜は本を読みたいとおもっていたけれど、今の今まで読むチャンスがなかったとか。

そうした判断がまずかったとしても、それをその場で見極めるのは驚くほど難しいのです。夜遅くなると、私は頭が冴えてきます。

要するに、私は夜型であり、朦朧としてきた意識のなかでようやく後悔を感じるのは、翌朝になってからなのです。

睡眠習慣を作る質問

そこで、自問することにしました。この方法は、カルガリー大学の教授で、睡眠とパフォーマンスの研究をしているAmy Bender氏にインスパイアされたものです。

その質問とは、「それをするためなら、早起きしようという気になるか?」というものです。本当に大事なことなら、あるいは、それほど時間のかからないことなら、それをするために早起きしようという気になりますよね。

私は昔、学校のレポートを仕上げるために、よく夜更かしをしていましたが、知り合いの中には朝型の人もいました。

私と違って彼は、分別のある時間にベッドに入り、目覚ましをセットして、とんでもない早朝に課題を仕上げていました。それはそれで、よい方法ですね(たぶん、彼が早朝に仕上げるレポートのほうが、私が夜遅くに仕上げるレポートよりも、よく書けていたはずです)。

自問することで夜更かししたい欲望を抑える

いずれにしろこの質問は、たいていの場合、自分がまずい判断をしそうだという事実を、まるで朝の明るい光で照らすように、はっきり浮かび上がらせてくれます。

たとえば私の場合、どうでもいい映画を見たり、編みものをしたりして1時間を過ごすために、いつもより早く目覚ましをセットしようという気にはなりません。その質問の答えが明らかに「いいえ」なら、もう寝る頃合いですよね。

あわせて読みたい

睡眠時間が短くても寝不足は解消できる!「濃縮睡眠メソッド」実践法

「快適な睡眠」に導く、デジタルとの付き合い方3つのポイント


Image: Shutterstock.com

Source: Instagram

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:梅田智世/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next