連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

気温-12℃に耐えられる!? どんな状況でも快眠できそうな超本格派の寝袋が登場

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
気温-12℃に耐えられる!? どんな状況でも快眠できそうな超本格派の寝袋が登場
Image: naiatrade

春の陽気を感じられる日が増えてきましたが、夜はまだまだ寒い日が続いています。流行りのキャンプやアウトドアで1泊するなら、暖かくて使いやすい寝袋が欲しいですよね。

そこでご紹介したいのが、machi-yaでクラウドファンディングを開始したばかりの「Solo QUilt(ソロキルト)」。なんと、ヒマラヤの冒険家が8年もかけて開発したプロダクトなんです。

どんな状況でも快眠できることを謳う理由とは? さっそく、その特長や機能をご紹介していきます。

9つの特長に注目

0561a19b6c3e14346d59d557db57b012.png
Image: naiatrade

「Solo QUilt」は、上に掲載した画像にある9つの特長を備えています。

例えば、仰向けや横向きなど好きなスタイルで寝られたり、米軍でも採用されている合成断熱素材を用いることで最低-12℃の環境にも対応できたり、etc. 過酷なアウトドアでも、快適に過ごせそうな要素がズラリと並んでいます。

過酷な環境を知り尽くしたヒマラヤの冒険家の知見が、随所に生かされているのが「Solo QUilt」なんです。

軽量でコンパクト。でもしっかり断熱

quilt.png
Image: naiatrade

使用されている素材は「Climashield APEX」。こちらは、軽量かつ熱効率の高い剛性断熱材で、汗や夜露などで湿気を帯びても、すぐに乾く特長を持ちます。

0950d56cf31c9070b87e61934a362b13.png
Image: naiatrade

寝袋を使うにあたり、気になるのが持ち運びが楽かどうがですよね。コンパクトに収納できる「Solo QUilt」は、その点を問題なくクリアしています。

今回のプロジェクトでは、使用温度-4℃と-12℃に対応する2タイプが用意されています。断熱材の空気層(ロフト)を確保することで、体から発せられる熱を寝袋内にしっかり閉じ込め可能に。長時間にわたって、暖かさをキープできます。

pJUaBnM7rF1GO0tmXwJW1611759812-1611759906
Image: naiatrade

隙間風を防ぐ、ストッパーが設けられている点も見逃せません。

心地よい暖かさを保つだけでなく、温度が上がりすぎた際には換気することも可能です。体をしっかりと外気温から守り、快適さを保つのにストッパーは大事な役割を果たします。

ブランケットとしても使える

blue-bolt-solo-quilt-warm-morning_1920x1080
Image: naiatrade

ファスナーでパーツを分けると、ブランケットとしても使えます。羽織ったり膝にかけたりすれば、スポーツ観戦やアウトドア、災害時などにも活躍すること間違いなし。寒さをシャットアウトして、気軽に暖を取るのにも最適ですよ。


「Solo QUilt」は一般販売価格39,600円のところ、15%OFFの33,660円(消費税・送料込み)から支援可能。サイズは、S/M/Lからお選びいただけます。

ヒマラヤの冒険家が開発した寝袋で、快適な夜を過ごしてみませんか? アウトドアライフがより一層楽しくなりそうですね!

>>ヒマラヤの冒険家が8年かけて開発!寝袋の常識が変わる「Solo QUilt」

Image: naiatrade

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next