連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Outlookは「ダークモード」で作業環境をより快適にしよう

author 訳:堀込泰三
  • カテゴリー:
  • TOOL
Outlookは「ダークモード」で作業環境をより快適にしよう
Image:GettyImages

WEB版のOutlookをお使いの皆さまへ。目の疲れを和らげ、バッテリーも長持ちさせたくはないですか?

この記事では、その希望を叶えるダークモードの設定方法をステップごとに解説します。

ついでに、Outlookテーマを使ってお好みのデザインに変更しましょう。

ステップ1:「設定」を開く

1

画面右上の「設定」アイコンを見つけてください。歯車の形をしています。

クリックすると、設定オプションが開きます。

ステップ2:ダークモードをオンにする

2

「テーマ」セクションのすぐ下に、「ダークモード」設定があります。チェックが入っていない状態では、グレーのスライダー状になっています。これをクリックしてオンにしましょう。

3

これで設定完了です! ダークモードのOutlookをお楽しみください。

Outlookテーマ

メールチェックは退屈で疲れるものと思っていませんか?

でも、必ずしもそうである必要はありません。「テーマ」を利用して、活力を取り戻しましょう(ライトモードでもダークモードでも使えます)。

テーマの設定は、ダークモードのときと同じくらい簡単です。「設定」を開くと、「Outlookの設定を検索します」と書かれた検索バーのすぐ下に、「テーマ」セクションがあります。

デフォルトではトップ10のオプションが表示されており、「すべて表示」をクリックすると、さらに多くのテーマを選択できます。

4

新しいテーマが気に入らなければ、「組織のテーマ」を選べばいつでもデフォルト設定に戻せます。

ダークモードは他のMicrosoft製アプリでも使える

ダークモードは、Outlook以外のMicrosoft Office製品でも使えます。これを利用すれば、Outlook、Word、Excelなど生産性向上ツールのすべてにおいて、共通の外観で作業できるようになりますよ。

あわせて読みたい

Outlookの添付ファイルをMicrosoft Teamsに移動させる方法

Microsoftが今年最後の「パッチ火曜日」で重要なセキュリティパッチを配布

Image:GettyImages

Original Article: How to Use Outlook in Dark Mode by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next