連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

音を遮断・増幅できる!?米国生まれの電子聴覚保護イヤホン「Stealth Elite」

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
音を遮断・増幅できる!?米国生まれの電子聴覚保護イヤホン「Stealth Elite」
Photo: 島津健吾

仕事する環境を整えることは、集中力を維持する上でとても大切ですよね。

うるさすぎても、静かすぎても集中できない。自分のコンディションによっても変化します。つまり、環境音をコントロールすることが、“集中への近道”なのかもしれません。

そこで、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の電子聴覚保護イヤホン「Stealth Elite」を試してみることにしました。こちらは、音を遮断・増幅する機能を備えたプロダクトです。

米国の聴覚保護器具におけるリーディングブランド・ProEarsが手がけています。

1つのイヤホンに3種の機能

DSC00226
Photo: 島津健吾

イヤホンといえば、音楽を聴くために使うのが一般的ですよね。しかし、「Stealth Elite」は、工事音のような騒音から耳を守ったり、逆に音を増幅して小さな音を聞こえるようにしたりと、周りの音をコントロールすることに長けています。

備えているモードは、以下の3つです。

  • 【隔離モード0】:周りの音を遮断するモード
  • 【認識モードI】:周りの音が聞こえるモード
  • 【増幅モードII】:周りの音を最大5倍まで増幅するモード
DSC00204
イヤホンに直接電池を入れる
Photo: 島津健吾

見た目は完全に普通のイヤホンと変わりません。Bluetoothのケーブルも用意されており、音楽を聴きたいときは取り付ける必要があります。ただケーブルを接続しなくても、3つのモード(隔離-0-/認識-I-/増幅-II-)は切り替えて使用できます。

耳にフィットして痛くない

DSC00220
Photo: 島津健吾

遮音性の高いイヤホンだと、耳に入れていると痛くなること、ありますよね。多くの人が経験したことあるのではないでしょうか?

「Stealth Elite」をつけてみた感想としては、耳と接触する部分が高密度フォームになっており、柔らかい耳栓をつけているみたいでした。硬すぎず柔らかすぎずで耳に負担が少なく、とても心地良かったのが印象的。長時間装着することを考えると、これはとても重要ですよね。

遮音性能が高い

DSC00230
Photo: 島津健吾

工事現場での使用を考慮しているだけあって、「隔離モード0」の遮音性は高め。いわゆるノイズキャンセリングのように、音を遮断してくれます。家やカフェで仕事をするとき、とても重宝しそうです。また、電車やバスで移動中、音楽を聴く際にも活躍してくれそうでしたよ!

「認識モードI」は、周辺の音を取り込んでくれるため、ランニングやウォーキングのときにおすすめです。耳が完全に塞がっているため、外の音が聞こえにくいのですが、このモードにすると音を取り込んでくれます。雑音はある程度消してくれるため、音楽を聴きながらでも周りに注意できそうです。

DSC00217
Photo: 島津健吾

一方、「増幅モードII」は、音を5倍拾うだけあって、遠くの音が聞こえるようになります。家の中で試してみたら、普段は聞こえない人の声が外から聞こえてきてびっくりしました。アウトドアで使えば、小鳥や虫の鳴き声が聞こえて楽しいかも?


「Stealth Elite」はmachi-yaでクラウドファンディングを実施中。一般販売予定価格30,800円のところ、 35%OFFの20,020円(消費税・送料込み)から支援が可能です。

騒音に悩まされることなく仕事に集中したい方は、「Stealth Elite」で環境を整えてみては?

>>【聞こえる!耳を守る!】電子聴覚保護イヤホン Stealth Elite

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next