連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

メールのやり取りでやってはいけない7つのこと

author ライフハッカー編集部 齊藤
  • カテゴリー:
  • TOOL
メールのやり取りでやってはいけない7つのこと
Image: Shutterstock

会話で伝えれば誤解も行き違いもないことが、メールでのやりとり(テキスト)になった途端に難しくなってしまう。そんな経験がある人も多いかもしれません。

文字でのコミュニケーションはお互いの表情が見えないため、いつも以上に気を遣う必要があります。

実際にどんなことに気をつければいいのか、ライフハッカーの過去記事からピックアップして紹介します。

メールは最低限の回数で

最低限のやり取りでも正しく伝わる「仕事ができる人」のメールの書き方

仕事の生産性を下げるメール対応

マルチタスクしない時間は1日たった1時間:仕事の生産性を下げるメール対応は?

忙しい人とのやり取りでのタブー

多忙な人から返信をもらうコツ、というよりマナー6つ

テキストで気をつけること

冗長な文章は読まれない

長文メールは文頭に要約を。軍隊から学ぶ、相手に負担をかけないメール術

「わかった」だけの返信はNG

「わかった」だけの返信は今すぐやめよう

シンプルすぎると攻撃的になる

相手を困らせたい時に。怒りをそれとなくほのめかすメッセージ作成術

「…」は使い方に気をつける

使い方次第で相手に迷惑をかける? 省略記号「…」を避けるべき理由

文字コミュニケーションは、シンプルに、でも親切に。

匙加減がなかなか難しいですが、上手く使いこなせれば対応がスムーズに、仕事の生産性も向上しそうです。

Image: Shutterstock

あわせて読みたい

インサイドセールスのプロが教える、アポイントが取れる「営業メール」いい例・悪い例

見落としがちだけど使いこなせると便利なGmail機能6選

swiper-button-prev
swiper-button-next