連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマホの画面が壊れていてもメッセージを確認する方法

author 訳:遠藤康子/ガリレオ
  • カテゴリー:
  • TOOL
スマホの画面が壊れていてもメッセージを確認する方法
Image: Third key (Shutterstock)

スマートフォンの画面が壊れるのは、誰だって嫌なもの。中身にアクセスしたいのに、画面に何も映らないとなれば尚更です。

そんなもどかしいトラブルを、米Lifehacker読者のAyanaさんが今週の「Tech 911」に寄せてくれた質問で次のように明かしています。

4日前に、お風呂にスマホを落としてしまいました。間一髪で壊れずに済んだと思っていたのですが、だんだんと画面に異常がみられるようになって、しまいには真っ暗になってしまいました。

まだ電源は入っていますし、音も聞こえます。メッセージの受信を告げる通知音も鳴るのですが、画面には何も映らず真っ暗なままです。

ほかのスマホを使わずに、メッセージや通話履歴になんとかアクセスできる方法はありませんか?

「転ばぬ先の杖」が肝心

これはかなり厄介ですね、Ayanaさん。あなたの願いを叶える方法はたくさんあるのですが、その多くは、スマホが操作不能になる「前に」設定しておかなければ使えません。

設定していなければ、望みはかなり薄いでしょう。もとはと言えば、使い始めた瞬間から無条件でデータをクラウドと同期してくれないデバイスにも問題があるのです(クラウドとの同期はデフォルトオプションにすべきです)。

Ayanaさんが使用している機器が書かれていなかったので、ここではiOSとAndroid向けの対処法を説明しましょう。

iPhoneの場合、メッセージにアクセスするのは驚くほど簡単です。ただしそれは、事前にメッセージをiCloudと同期していることが前提です。

まず、iPadやMacBookなど、別のAppleデバイスを用意しましょう。それからiCloudにログインし、メッセージがiCloudと同期されていることを確認します。

あとは、自分のiPhoneと同じように、メッセージを送受信できるはずです。

同じく、事前にiPhoneをMacに接続し、iPhoneを信頼できるデバイスとして設定しておいた場合にも、FinderからiPhoneにアクセスし、すぐにバックアップを取れるはずです。

それだけではメッセージにアクセスはできませんが(サードパーティのアプリ/iPhone Backup Extractorが必要です)、こうしておけば、後から新しいiPhoneか修理したiPhoneを使ってメッセージを復元できます。

ほかのAppleデバイスを持っていない場合は、どうしようもありません。Appleは、ウェブ上でメッセージを閲覧できる方法を提供していないのです。

サードパーティアプリ(Dell™ Mobile Connect)いくつか(Air Message)あり、それを使えば理論上は、Windowsパソコンなどを使ってメッセージにアクセスすることができます。

ですがその場合も、iPhoneで事前に設定しておかなくてはならないのです。iPhoneが使えない以上、この対処法は論外というわけです。

上記の対処法がどれも使えない場合、一番確実なのは、AppleストアのGenius Barに予約を入れ、何か打つ手がないかAppleの技術スタッフに相談することです。

MacBookを持っているなら、それも持参しましょう。iPhoneを修理するか買い替える前に、もしかしたらデバイスのバックアップを取ってもらえるかもしれません。

ただし画面が壊れているわけですから、そのiPhoneを認証で開くことができなければどうしようもないかもしれませんが、試してみる価値はあります。

今後は、iPhoneのデータがiCloudに定期的にバックアップされる設定にしておきましょう。そうでなければ、自分で定期的にバックアップするようにしてください(前者のほうが断然ラクではあります)。

次に、Androidの場合は、クラウドを経由してメッセージにアクセスできる方法がいろいろあります。

とはいえ、そのために必要なサービス(Google Messages)は、スマホで事前に設定しておかなくてはなりません。このような目的に対応するアプリは多数存在するとはいえ、事前にAndroidにインストールされていない限り、ほとんど役には立たないのです。

まさにこうした理由から、私はGoogleのアプリ「メッセージ」に切り替えることを強くお勧めします。こちらなら、少なくともウェブ上からメッセージにアクセスできます。

AndroidとWindowsパソコンをワイヤレスで接続する方法

同じく、あらかじめUSBデバッグを有効にしていた場合は、「Scrcpy」のようなPC用アプリを使って、接続したAndroidの画面を見たり操作したりできるかもしれません。

どのような方法でスマートフォンにアクセスするにせよ、バックアップは(メッセージを含めて)必ず取ってください。そうすれば、新しい(または修理した)デバイス上で、いずれすべてを復元できます。

スマートフォンの画面が壊れたときの万能策

画面が壊れたスマートフォンがiPhoneでもAndroidでも、少しばかり高くつく(そして一か八かの)方法を使ってデバイスにアクセスを試みることも可能です。

以下の方法では基本的に、ドングルやUSBハブ、ケーブルを組み合わせて使う必要があります。

  • スマートフォンを(HDMIケーブルを使って)外部ディスプレイに接続します。
  • USB接続のマウスとキーボードをスマートフォンに接続します。

iPhoneの場合は、HDMIケーブルとUSBに接続するためのアダプタを購入しなければならないかもしれません。それをiPhoneに差し込み、そこから(HDMIケーブルを使って)テレビに、またUSBハブに接続します。

そのUSBハブには、キーボードとマウスも接続しておきましょう。この方法なら、壊れたデバイスの画面を見たり、指の代わりにマウスを使って操作したりできる可能性があります。

Video:YouTube

私なら、自分のスマートフォンの画面が壊れた場合にはこの方法を試すでしょう。とはいえ少々お金がかかります。メッセージの内容にそれだけの価値がなければ、これは最終手段として取っておきましょう。


あわせて読みたい

「買い替えか?」「修理か?」損をしない見極め方を教えます

Image: Third key /Shutterstock

Source: Google,YouTube

Reference: iPhone Backup Extractor,Dell™ Mobile Connect,Air Message,Google Messages,Scrcpy

David Murphy - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next