連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 10の検索効率を上げるツール「EverythingToolbar」

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
Windows 10の検索効率を上げるツール「EverythingToolbar」
Image: Shutterstock

Windows 10の検索機能、使っていますか?

アプリを検索したり、「設定」のウィンドウにスキップできるので便利ですが、それはこの機能をを使い慣れていてこその便利さです。

ですから、私はその機能を捨てて、自分のPC用で使える非常に強力な検索ツールに変えたいと思います。

ただし、そのためには少し助けが必要なので、最近リリースされたばかりのEverythingToolbarプロジェクトを使用します。

これを使うと、Windows10の従来の検索バーをVoidtoolの「Everything」検索ユーティリティに置き換えることができます。この「Everything」は結構人気なんですよ。

EverythingToolbarをダウンロードする方法

bar2
Screenshot: David Murphy

まず、「Everything」をダウンロードしてインストールしてください。

次に、「EverythingToolbar」をダウンロードしてインストールします。

管理者アクセス権でシンプルな.CMDファイルを実行しましょう。

次に、タスクバーを(たぶん2回)右クリックして新しいツールバーをアクティブにして、標準の検索ツールバーを無効にし、その上にEverythingToolbarをドラッグして置き換えます。

具体的には下の動画をご覧ください。

「EverythingToolbar」に厄介な点があるとしたら、それは、「Windowsキー」を押すと、いつも通りの標準のスタートメニューが表示され、何か入力すると、「EverythingToolbar」ではなくWindows10のデフォルトの検索が起動することです。

しかし、それは想定内のことですよね(必要に応じて、「EverythingToolbar」の「Windowsキー+ Alt + S」のホットキーを「Windowsキー」にマップすることも可能だと思いますが、そうすると、今度は「EverythingToolbar」を起動させようとするたびに「スタート」メニューをクリックする必要があります。どちらを選択するかですね)。

「EverythingToolbar」のオプション内には、大文字と小文字、パス、単語全体が一致するものを検索する機能と、「正規の表現」を使用して検索できるトグルがあります。

これは、実際には詳細モードで使用できる機能ですが、「EverythingToolbar」の検索フィールドを右クリックすると、こうした設定にアクセスすることもできます。

複雑にカスタマイズしたい場合

最後に、ユーティリティの「ルール」セクションに注目してください。このセクションでは、各コマンドを開くとき「一緒に開くもの」をカスタムで定義できます。

これにより、検索したファイルやフォルダーを開くために使用するさまざまなアプリを、使用する「正規表現」に基づいて検索の一部として定義できます。

bar3
Screenshot: David Murphy

この機能は間違いなく「パワーユーザー」のカテゴリに分類されますが、「Everything」と「EverythingToolbar」があることで、Windows10のデフォルトのスタートメニューでの検索よりもはるかに便利な方法が増えたと思っていいでしょう。

もちろん、余計なユーティリティをいじりたくない場合は、Windows 10を深掘りして、同様の機能を有効にすることもできます。

設定」→「検索」→「Windowsの検索」と進み、「拡張モード」をオンにします。

これにより、Windows 10のライブラリやデスクトップにあるファイルではなく、ハードドライブにあるものをすべて迅速に検索できます。

あわせて読みたい

Windows 10でメニューの検索エンジンをGoogleに変更する方法

Windowsで「PC」のすべてのドライブを表示する方法


Image: Shutterstock

Source: Everything, EverythingToolbar

David Murphy – Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next