連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneとAndroidスマホ、どっちを買うべき? 機能や安全性で比較

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneとAndroidスマホ、どっちを買うべき? 機能や安全性で比較
Image: MakeUseOf

AndroidスマホとiPhoneでは、どちらが優れているのでしょう。

これは、常に議論の的です。

スマホを持っている人は、既にどちらのプラットフォームが好みか決まっているのかもしれませんが、どちらを購入するか迷っている人のために、この記事が参考になれば幸いです。

iOSとAndroidスマホの優劣について議論するとき、把握しておくべきことを見ていきましょう。

価格と入手できるモデルの幅

apple
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Apple

iPhoneはAndroidスマホに比べて、利用できるモデルの数ははるかに少ないのですが、選択肢は増えています。

iPhone SE

価格が一番安いのはiPhone SEで、ホームボタンとタッチIDを備えたAppleの旧デザインを維持している優れたスマホです。

iPhone SEはいまだにカメラが1つで、iPhone12シリーズと比べるとカメラの性能は劣ります。

このスマホは古くて小型のデザインのiPhoneが好きだけれど、アップグレードしたいと思っている人に最適です。

iPhone 12

iPhone 12には、より鮮明で暗い色を表示できるOLED画面があり、5Gのテクノロジーが採用されているので、最終的にはデータ速度を上げることができます。

しかし、米国にはまだ5Gタワーがあまりないので、今後何年かはこのスマホのメリットに気付かないかもしれません。

このスマホは、技術的にはiPhone SEからグレードアップしていますが、ほとんどがデフォルトの選択になります。

iPhone 12 ProとProMax

iPhone 12 ProとProMaxは、最もハイエンドなiPhoneです。後者は6.7インチの大きなディスプレイを備えており、iPad Miniに近くなっています。

Appleと比べるとAndroidのほうがモデルの選択肢が多いのが特徴です。米国で最大のAndroidのブランドには、Samsung、Google Pixel、LG、Motorola、Nokia、OnePlus、Sonyなどがあります。

Androidスマホは種類が大変多いので、価格の幅も広くなります。

Samsung S20 FE 5Gは、iPhone SEの優れた代替品になり、ユーザーに優しいデザイン、高性能カメラ、鮮明なOLEDディスプレイを備えています。

smartphone3
Image: MakeUseOf

Samsung S20 Ultra 5Gは、AppleのiPhone 12Proの優れた代替品です。バッテリー持続時間が長く、4倍のペリスコープズームカメラ、16GBのRAMを搭載しています。

Androidスマホの平均寿命は2〜3年です。多くのAndroidスマホは、セキュリティとアプリの効率を最大化するために必要なアップデートを受信しません。

この点は、スマホをアップグレードする時期を決める際に考慮すべきです。

一方、Appleは、ソフトウェアのアップデートを介してiPhoneのモデルを5年以上サポートしています。

手頃な価格でバッテリー交換プログラムを利用できるので、スマホを買い替えてアップグレードしなくても長期間使用し続けることができます。

セキュリティ

ソフトウェアセキュリティ製品で有名なNortonによれば、iOSよりAndroidスマホのほうがマルウェアに狙われやすいことが複数の調査でわかっています。

AppleはiPhoneユーザーしかAppStoreからiOSのアプリをダウンロードできないようにしているので、iPhone用にダウンロードするすべてのアプリは安全性が保証されています。

アプリに悪意のあるコンテンツが含まれている場合、App Storeはそのコンテンツの配信を許可しません。

iOSが使用している「サンドボックス」と呼ばれる手法は、インストールしたアプリが他のアプリから情報を取得するのを防ぎ、セキュリティとプライバシーの両方を支援しています。

AndroidのシステムはGoogleが所有しており、GoogleはAndroid OSのセキュリティの向上に常に取り組んでいます。

Androidユーザーは、プライバシー設定を簡単にカスタマイズして、スマホの安全性を高めることも。

smartphone4
Image: MakeUseOf

ただし、ソフトウェアのアップデートはスマホのセキュリティの重要な部分であり、すべてのAndroidスマホがアップデートを受信できるわけではありません。

特に安く購入したスマホの場合は受信できない可能性があります。

古いモデルのスマホを使用しているなら、最新のAndroidソフトウェアのアップデートがされているか確認しましょう。

それができていない場合は、新しいスマホの購入を検討した方がいいかもしれません。

今使用しているAndroidスマホとそこに保存されている機密性の高いコンテンツを安全に保ちたい場合は、Androidスマホ向けのセキュリティチェックを試してみましょう。

利用できるアプリの数

iOSには、App Storeで購入できるアプリが約196万個あります。

iOSは、開発者が最新の製品をリリースしやすいシステムになりがちなので、新しいアプリは、まずiPhoneにリリースされることが一般的です。

smartphone5
Image: MakeUseOf

AndroidのApp StoreであるGoogle Playには、ダウンロード可能なアプリが約287万個あります。ただし、数が多ければいいというものでもありません。

Appleの方がApp Storeに出店を許すアプリの基準をはるかに高く設定しています。

Androidの方が選択肢の数は多いのですが、Appleは上記で説明した通り、アプリのセキュリティ機能でユーザーを保護しています。

特にテクノロジーに関しては、数の多さとクオリティは必ずしも比例しません。

カスタマイズのしやすさ

iOS 14の最高の機能の1つは、ホーム画面をデザインするウィジェットとその他のオプションの導入でした。

このアップデートが発表されると、iPhoneユーザーは自分のスマホをカスタマイズして、そのスクショをソーシャルメディアに投稿して楽しみました。

WidgetSmithというアプリを使うと、iPhoneでより多くのウィジェットにアクセスできます

smartphone6
Image: MakeUseOf

ホーム画面のアイコンの外見を変更することも可能です。

たとえば、ホーム画面の背景のテーマがスーパーヒーローの場合、Safariからダウンロードした写真を使用して、そのテーマに合うようにアイコンの外見を変更できます。

このプロセスは時間がかかるかもしれませんが、アプリのアイコンを集めたパッケージが用意されているので、それを使うとアイコンを簡単にカスタマイズできます。

Androidスマホには、購入した日からホーム画面用のウィジェットが用意されています。Appleは、現在カスタマイズ用の機能を追加していますが、Androidスマホはしばらく前からこの分野には対応済みです。

スマホ全体の外観を最高のランチャーを使用して変更することで、自分だけのスマホにすることができます。

また、Androidのフォントを変更することも可能です。

他のデバイスとの接続

Appleのデバイス同士はうまく接続します。たとえば、iPhoneでNotesのアプリを使用すると、自動的にMacBookと同期します。

また、iPhoneとそれより新しいMacBookを持っている場合、電話の着信とテキストメッセージがMacBookに届き、仕事中にMacbookで電話に出たり通話することができます。

Androidは、Your Phoneというアプリを使用して同じようなやり方でWindows10と統合します。

接続に関して、iPhoneとAndroidスマホの両方に共通の欠点の1つは、新しいモデルの多くにヘッドフォンジャックがないことです。

どちらもBluetooth、Wi-Fi、USB接続を介して他のデバイスと接続するようになっています。

どちらのプラットフォームもクラウドに対応。iOSはiCloudに対応していますが、AndroidもiOSもGoogleアカウントを使用してメールやGoogleドキュメントにアクセスできます。

ソフトウエアのアップデート

iPhoneは、ハードウェアが対応可能である限り、最新のソフトウェアアップデートを7年前にリリースされたモデルまで利用できるようにしています。

そのため、旧モデルのiPhoneを使用していても、カスタマイズできますし、iOS14の使いやすさを楽しめます。

セキュリティを最大限に確保するために、iOSは頻繁にアップデート。

これにより、iPhoneとあらゆる機密情報が保護され、スマホは引き続きアプリを効率的に実行できるようになっています。

smartphone7
Image: MakeUseOf

Androidは、ソフトウェアのアップデートに関してiPhoneと大きく異なります。Android 11の取得が保証されているAndroidスマホのモデルはごく少数しかありません。

ほとんどのデバイスは、完全なアップデートは1回か2回しかされず、多くのデバイスはまったくアップデートされません。

ただし、セキュリティアップデートは、もっと一般的に行われています。

もちろん、Androidスマホで受け取るアップデートの数は、購入するスマホのモデルによって異なりますが、2、3年以上前のモデルのサポートは期待しない方が良いでしょう。

iPhoneとAndroidスマホ、どちらに軍配が?

iPhoneとAndroidには以前ほど大きな差はありません。どちらのプラットフォームにも優れたハードウェアがあり、ソフトウェアの差はアップデートを重ねるたびに小さくなっているようです。

もちろん、AndroidはGoogle中心であり、それが気に入らない人もいるでしょう。

一方、Appleのデバイスは比較的価格が高いので、予算が限られていると、Androidが提供する機能を確認したいと思うかもしれません。

これが、Androidが世界で最も人気があるプラットフォームである理由の1つです。

あわせて読みたい

失敗しない、Androidスマホの選び方5選

生産性を上げたいなら、今すぐスマホのこの設定を変更しよう


Image: MakeUseOf

Source: Apple

Original Article: iPhone vs. Android: Which Is Right for You? by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next