連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Apple Watchを紛失しても、最悪の事態だけは避ける方法

author 訳:遠藤康子/ガリレオ
  • カテゴリー:
  • TOOL
Apple Watchを紛失しても、最悪の事態だけは避ける方法
Image: MakeUseOf

iPhoneと同じように、Apple Watchをなくしたり置き忘れたりすることは誰にでもあります。

でもご安心を。「探す」Appのおかげで、Apple Watchの行方がわからなくなったとしても、かなりの確率で見つけることができます。

では、「探す」Appを使ってApple Watchを見つける方法と、どうしても見つからない場合の対処法を見ていきましょう。

「探す」Appを使ってApple Watchを見つけるには?

apple-watch-find-my-1

Apple Watchを紛失したり、どこかに置き忘れたり、さらには盗まれたりしたら、何はさておき、iPhoneで「探す」Appを開きましょう。

iPhoneが手元にないときは、iCloud.comでもアクセスできます。

Apple WatchをiPhoneと最初にペアリングした時点で、Apple Watchは「探す」Appに自動で追加されています。

あなたのApple WatchがiPhoneかWi-Fiネットワークにまだ接続されていれば、Apple Watchの位置を確認できるはずです。

Apple WatchのGPSモデルやCellularモデルを持っている人ならなおさら確認しやすいでしょう。

携帯電話ネットワークにつながっている限り、Apple Watch自体が位置情報を発信できるからです。

ちなみに、何らかの理由でApple WatchがペアリングしたiPhoneと接続されていなかったり、Wi-Fiや携帯電話ネットワークとつながっていなかったりした場合には、位置の確認はできません。

「紛失モード」をオンにする

上記の方法を試してもまだApple Watchが見つからないときは、次なる手段として「紛失モード」をオンにすべきです。

設定は、「探す」Appを開いて「Apple Watch」をタップし、いちばん下にある「紛失としてマーク」でできます。

「紛失としてマーク」を選択したら、あなたに連絡がつく電話番号を入力し、「次へ」をタップします。

それから、誰かがApple Watchを見つけたときに画面に表示されるメッセージを入力します。最後に「有効にする」をタップすれば完了です。

紛失モードをオンにすると、確認のメールが届きます。あとは、Apple Watchを発見してくれた人が、画面に表示される電話番号とメッセージを見て連絡してくれることを祈りましょう。

万が一に備えて、Apple Watchの紛失モードがオンになっているあいだは、Apple Payなどのサービスが使えないようになります。

Apple Watchが手元に戻ってきたら、いつも通りに使えるよう、紛失モードを忘れずに解除しましょう。

解除するときは、「探す」Appを開いて「Apple Watch」を選択し、「紛失としてマーク」にある「有効化済み」をタップします。

「“紛失としてマーク”をオフにする」をタップし、最後に確認のための「オフにする」をタップすれば、解除完了です。

どうしても見つからないときは

Apple Watchには、持ち主に関する個人情報に加え、Apple Payの支払い情報も保存されています。

けれども、万が一Apple Watchを完全になくしてしまっても、データを保護できる方法がいくつかあります。

紛失モードがオンになっているときは追加の安全対策が取られます。

誰かが「探す」Appをオフにしたり、Apple Watchを消去したり、違うiPhoneとペアリングしたりしようとしても、Apple Watchのパスコードがなければできないのです。

Apple Watchを失くしたときに取るべき大事な対策は、Apple IDのパスワードの変更です。そうしておけば、あなたのApple WatchからiCloudのデータにアクセスされることはありません。

現在のパスワードがどうしても思い出せないときは、Apple IDのパスワードをリセットする方法をこちらで確認してください。

「探す」Appの「Apple Watch」セクションには、「このデバイスを消去」というボタンがあります。

そのApple Watchが今後、別のiPhoneやWi-Fi、携帯電話ネットワークに接続されることがあった場合に、その瞬間にデバイスのデータが消去されるようにするためです。

この操作は取り消すことができないので、最終手段としてのみ使ってください。

デバイスを消去する操作をしてしまうと、「探す」AppでApple Watchを追跡することもできなくなります。

Apple Watchを紛失したり盗まれたりしても、第三者がデバイスそのものを使うことはできないので、心配する必要はありません。

「探す」Appのアクティベーションロックという機能がそれを防いでくれるからです。

別のiPhoneとペアリングしようとしても、あなたのApple IDとパスワードがなければできないようになっています。

Apple Watchは紛失しても取り戻せる

Apple Watchのような高価なデバイスを紛失すれば、けっして愉快ではいられませんが、ここで紹介したように、安全に取り戻す方法はたくさんあります。

「探す」Appのアクティベーションロックをはじめ、Appleはウェアラブルデバイス用に多くのセキュリティ機能を用意しています。それらの対策すべてをきちんと頭に入れて、Apple Watchをしっかりと守りましょう。

あわせて読みたい

Apple Watchの文字盤を場所や時間にあわせて自動的に切り替える方法

生産性を向上させる、7つのおすすめApple Watchアプリ


Image: MakeUseOf

Original Article: How to Find Your Apple Watch by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next