連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

目標のハードルは下げても良い! 話題のメンタルケアアプリの開発者は、「苦手」とどう向き合ったか

Sponsored By はたわらワイド

目標のハードルは下げても良い! 話題のメンタルケアアプリの開発者は、「苦手」とどう向き合ったか
Image: はたわらワイド

今、「emol」という、自身のメンタルをコントロールするスマホアプリが、流行の兆しを見せています。これは、人には話しにくい日々の悩みや愚痴などを、AIロボとのチャットを通じて記録することで、自身の感情と向き合い、課題の解決に導くというサービスです。

「人には相談できないけれど、もやもやを誰かに話をしたい」という悩みを抱える人々のニーズを掴み、昨年は大手保険会社との共同実験も開始するなど、順調な成長を続けるemol。

このサービスを開発したのは、千頭(ちかみ)沙織さんです。

彼女のある原体験からは、私たちが、自分自身の“苦手”と向き合うためのヒントが浮かび上がってきます。



千頭沙織(ちかみ・さおり)

emol株式会社 代表取締役CEO

2014年に株式会社エアゼを創業、webやアプリの企画・デザイン・開発の業務に携わる。2018年にAIとチャットで会話をしながらメンタルケアをするアプリ『emol』をリリースし、2019年にemol株式会社を創業。


Image/Source: はたわらワイド

ライフハッカー[日本版]編集部

swiper-button-prev
swiper-button-next