連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

簡単・時短! マルチクッカー「Instant Pot」のおすすめレシピ7つ

簡単・時短! マルチクッカー「Instant Pot」のおすすめレシピ7つ
Image: A.A. Newton

この数年、人気クリスマスプレゼントになっている「Instant Pot」。

もらわなかった人は、すでに持っているからかもしれませんね(でなければ、料理にあまり興味がないとか)。

インターネットにはさまざまなレシピがありますが、「Instant Pot」でできる意外なレシピを紹介します。

韓国風サウナエッグ

1
Image: Claire Lower

ナッツのようなトーストされた卵を作るには、普通は7時間ぐらいかかります。

でも、Instant Potでは2時間ほどでできるんです。

卵、水、少しの塩をPotに入れて、高圧で1時間半ほど調理。殻をむくと、茶色くトーストされた卵白とホクホクの黄身の焼き卵のできあがりです。

フレークソルト

2
Image: Claire Lower

ピラミッド型をした塩の結晶は料理に味と食感を加えてくれますが、これもInstant Potでつくれるんです。

コーシャーソルトで飽和食塩水(しょっぱいです)をつくってPotに入れ、「スロークック」ボタンを押します。

ふたをして1時間ほど放っておくと結晶になりつつあります。

そのままにしてじっくり水分を飛ばすと、フレーク状になった塩ができあがり。ペーパータオルの上において乾燥させます。

ちなみに普通のスロークッカーも使えますが、その場合は食塩水は別の鍋でつくってください。

簡単キムチポークロースト

3
Image: Claire Lower

豚肩肉はInstant Potと相性が良い材料ですが、このレシピはものすごく簡単でわたしも大好きな料理です。

キムチ、お酢、醤油と砂糖を豚肉にまぶして調理すると、柔らかい肉と粘り気のある旨味たっぷりのソースができます。これをマッシュポテトにかけるとすごくおいしいですよ。

グリッツ

4
Image: Shutterstock (Lynne Ann Mitchell)

グリッツは好きだけど、かき混ぜるのが面倒なら、Instant Potのおかゆ設定を利用しましょう。

グリッツが固まってしまうかもという心配は無用です。

Potを閉じる前に、水(とグリッツ)を沸騰させると、圧力がかかっても中身は常に動いていますから。たっぷりのバターやスパイシーなソースと一緒に召し上がれ。

鍋物

5
Image: Shutterstock (norikko)

パンデミック以前の鍋料理とはまったく同じとはいえないかもしれませんが、「炒めもの」設定で、鍋を熱いままに保つことができます。

その熱で、薄切り肉や野菜や麺類がたっぷり調理できます。食材のほかに必要なのは、つけだれと長い菜箸(アジア系スーパーにあります)だけです。

パン生地の発酵

6
Image: Claire Lower

焼きたてのパンは、特に冬にはうれしいものです。

でも、キッチンが寒いとパンの発酵がうまくいかないこともあります。

そんな時、Instant Potの「ヨーグルト」設定でイーストが発酵するのに最適な環境をつくることができるんです。

ただし、意外と早く発酵してしまうかもしれないので、生地のチェックは怠らないように。

チーズバーガー

7
Image: A.A. Newton

別名、蒸しハム。

『ザ・シンプソンズ』のあるエピソードで、スキナー校長が「蒸しハム」と呼んでいたのがチーズバーガーでした。忙しい平日の夜につくれる超簡単でボリュームあるバーガーです。

見かけはファーストフードのバーガーかもしれませんが、味は格段に上です。おまけに、後片付けも簡単(アルミホイルを捨てるだけ)。

あわせて読みたい

冬の風物詩、ホットワインを電気圧力鍋で作る方法

「インスタントポット」でつくる「時短カボチャ」のポタージュ


Image: Shutterstock, A.A. Newton, Claire Lower

Claire Lower – Lifehacker US[原文

訳:ぬえよしこ

swiper-button-prev
swiper-button-next