連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Appleが注意喚起。iPhone 12がペースメーカーに干渉する危険性

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
Appleが注意喚起。iPhone 12がペースメーカーに干渉する危険性
Image: ErickPHOTOPRO/Shutterstock.com

植込み型除細動器(ICD)を体内に埋め込んでいる人や、そういう人がそばにいる場合は、iPhone 12は使用しない方が良いかもしれません。

Heart Rhythm Journalに最近発表された研究によると、iPhone 12とそのアクセサリーはICDの動作に干渉する可能性があり、機能を止めてしまうことさえあります

リスクのある対象機器は?

この研究で、iPhone 12に使用されているパーツの中には、「特にiPhoneを胸ポケットに入れると、患者の救命治療を阻害する可能性があるものがある」ことがわかっています。

この警告は、iPhone 12、iPhone 12 Mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxを含むすべてのiPhone12のデバイスに該当します。

iPhone 12のアクセサリ・MagSafeもリスクがあり、特にMagSafeの充電器とMagSafe Duoの充電器は、磁石とNFC無線を使用しているので要注意です。

どんなリスクがあるの?

同研究によると、これらの製品の磁気充電コイルとRF放射コンポーネントは、磁場に反応するICDの内部メカニズムに干渉するだけの強度が十分にあります。

研究班は、iPhoneを「ICDを左胸部に近づけると」、ICDの心臓調節操作が即座に停止することを観察しています。この干渉はテストをしている間中続きました。

これは、心不全や心停止を含む深刻な健康リスクをもたらします。

対処法は?

Appleは、この潜在的なリスクをユーザーに通知するために、当該研究報告の提案に基づいた新しいガイドラインでiPhone12の健康と安全に関する文書を更新しました。

Appleは現在、iPhone 12とMagSafeのアクセサリーを常に胸部から6インチ(約15.2cm)以上離すようにすること、また、スマホをワイヤレス充電する場合は12インチ(約30cm)以上離しておくことを推奨しています。

ですから、iPhoneをシャツやジャケットの胸ポケットに入れないようにしましょう。

こうした警告は、特にiPhone12のラインとその磁気アクセサリーに関するものですが、医療機器に影響を与える可能性のある製品は他にもあります。

同じようなケーススタディで、スマートウォッチとフィットネストラッカーが、患者の胸部にあるICDの位置から2.4cm以内にあると、ICDに干渉する可能性があることがわかっています。

iPhone 12の干渉は、ワイヤレス充電中は特に強くなるので、ICDを体内に入れている人の近くでスマートデバイスを使用する場合は注意しましょう。

あわせて読みたい

iPhoneで本当に必要なアプリだけをホーム画面に表示させる方法

Apple Watchで5分間マインドフルネス!「Coloring Watch」アプリを試してみた


Image: ErickPHOTOPRO/Shutterstock.com

Source: HealthRythm Case Reports(1, 2), Apple

Brendan Hesse – Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next