連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

プロテインが苦手でも、これを混ぜれば最高の軽食が完成します

author 訳:伊藤貴之
プロテインが苦手でも、これを混ぜれば最高の軽食が完成します
Image: Shutterstock

正直に言います。

粉末プロテインが好きではありません。

オートミールに混ぜるとネバネバするし、ほかの食べ物に混ぜても、なんともいえない味になってしまいます(ましなのはスムージーくらいでしょうか)。

とはいえ、粉末プロテインがぴったり合う食べ物が1つあります。それはヨーグルトです。

ヨーグルトに粉末プロテインはあう

タンパク質の摂取量を増やそうとしている人(筋肉をつけたい、体重を減らしたい、などの理由で)は、粉末プロテインについてもよくご存知だと思います。

粉末プロテインにはたくさんの種類がありますが、私はいつも無香料のホエイプロテインを、大量にキッチンカウンターの下にストックしています。

1日の終わりに、栄養のバランスをとるために粉末プロテインを水と混ぜて飲んだり、アーモンドミルクと混ぜて、ワークアウトの前にとる消化のよい軽食をつくったりしています。

とはいえ、飲んでばかりではなく、「食べたい」という気分になるときもありますよね。

そんなときは、ヨーグルトに粉末プロテインを混ぜてみてください。味も食感も素晴らしく、栄養的にも優秀です。

ヨーグルトのタンパク質含有量はブランドによって異なりますが、私が毎朝のように食べているギリシャヨーグルトは、1カップ170グラムの中に、タンパク質が16グラム含まれています。

ヨーグルトを入れたボウルに、ホエイプロテインを1スクープ加えると(私が持っているホエイは、1スクープあたり24グラムのタンパク質が含まれる)、全体で最大40グラムのタンパク質が含まれることになります。

つまり、たった247カロリーで、(筋肉の成長にとって)1日に必要なタンパク質の約3分の1が摂取できるということ。私はよくここに、 ベリーやハチミツ、ナッツなどをトッピングとして加えて食べています。

プロテインヨーグルトの作り方

必要なのは、ボウル、ヨーグルト、1スクープの粉末プロテインだけです。(ヨーグルトがもともと入っていた小さなカップの中で混ぜようとしてはいけません。うまくいきませんので)。

初めて試すときには、プロテインを入れ過ぎたと思うかもしれません。ヨーグルトとプロテインがほぼ同量に見えますから。

また、粉末プロテインは乾燥していて、ヨーグルトは濃厚なので(とくにギリシャヨーグルトは)、うまく混ざらないように見えるかもしれません。

しかし、かき混ぜていると奇跡が起こります。10〜15秒ほどかき混ぜるだけで、粉末がヨーグルトの中に消えてゆき、クリーミーな混合物が残ります。

ホエイプロテインがヨーグルトの酸味を抑えて、まろやかにしてくれます。実際私は、ヨーグルト単体よりもホエイミックスのほうが好きなくらいです。

私が使っているホエイプロテインは、無色、無香料、無糖タイプなので、ほかの種類やフレーバー付きの粉末プロテインでも美味しくなるかは保証できません。

とはいえ、フレーバーのないホエイプロテインは、どんなタイプのヨーグルトにも合うことは保証します。ぜひ、こんどの朝食や軽食で試してみてください。

あわせて読みたい

プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

気持ちが落ち込んだ時に体を動かすべき2つの理由


Image: Shutterstock

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next