連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ニトリの「極薄ヒーター」でデスクワークの作業効率アップ!

roomie

  • カテゴリー:
  • TOOL
ニトリの「極薄ヒーター」でデスクワークの作業効率アップ!
Photo: 古谷 真知子

ただでさえ寒いのに、家の中でじっとしていると寒い。ただただ寒い。

リモートワーク中、寒さのせいで作業に集中できない…なんてことも。

そんなお悩み解決に、ニトリの極薄ヒーターが役に立つかも!

かさばらない極薄ヒーター

20210105_221352806_iOS-1
ニトリ 「くっつけられるマグネットヒーター」 4,990円(税込)

その名も、「くっつけられるマグネットヒーター」。

20210105_221855508_iOS

デスクやテーブルの天板の裏にくっつけて足を温められる薄型ヒーターなんです。

20210105_221536989_iOS

ヒーターの裏面にマグネットが付いているので、オフィスのスチールデスクならそのままペタッとはるだけでOK。

スチールデスクじゃない場合には、材質によって、ネジ止め面ファスナーを選べます(取り付け可能な材質は、金属製、樹脂ガラス製、木製)。

今回は、デスク裏に穴をあける必要がない面ファスナーをチョイス。

取り付け簡単!

20210105_222544009_iOS

①まずは設置面のほこりや汚れをきれいにします。

20210105_222200651_iOS

②付属している強力粘着面ファスナーをはがして、固い面とふわふわな面に分けます。

20210105_222352770_iOS

固い面の方を、ヒーター本体に貼り付けます。

20210105_222909730_iOS

④ふわふわな面の方は机の裏に貼りつけます。

⑤固い面とふわふわな面が合うように、ヒーターを机にくっつけます。

たったこれだけで設置完了!

体の中からじんわり温まる

20210105_221832742_iOS

熱源はカーボンヒーターで、消費電力は21Wと少なめ。

ですが、足をヒーターから5~10㎝くらいの位置に調節できれば、ひざ上は十分温かいです。

遠赤外線効果で体の中からじんわり温まるらしいので、使い始めてすぐは電気ストーブやファンヒーターのような温かさは感じにくいかもしれません。

が、リモートワーク時には、だんだん体がポカポカとしてきて◎。

距離をおくと暖かさを感じにくいかな

20210105_224528459_iOS

写真のように20㎝以上離れてしまうと温かさを感じにくいので座面にクッションを置くなどして調節が必要かもしれません。

ちょうどいい暖かさを感じる位置に椅子の高さが調節出来るといいですね。

タイマー付が有難い!

20210105_222820667_iOS

操作は、電源ボタンタイマーボタンの2つのみとシンプルです。

電源を入れると自動で、3時間で電源が切れるタイマーがセットされます。

20210105_224816181_iOS

3時間が長ければ1時間単位で設定することもできますし、電源の消し忘れを防げるのがうれしいポイント。

足元はルームシューズや床置きのヒーターでカバーできるのですが、ひざ上をピンポイントで暖められるヒーターはあまりなかったので、ニトリのくっつけられるマグネットヒーター」のおかげでリモートワークの環境がより快適になりました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

Photo: 古谷 真知子

Source: ニトリ

ROOMIEより転載(2021.1.10公開記事)

あわせて読みたい

防寒の秘密兵器「ワークマンの靴下」は1足200円以下なのにホッカホカ! ゴワつかないのも良いんだ | ROOMIE(ルーミー)

オフィス・自宅が寒い!お手頃でかさばらない、あったかグッズ【まとめ】

古谷 真知子

swiper-button-prev
swiper-button-next