連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

食べすぎによる消化不良を起こしたときの対処法

食べすぎによる消化不良を起こしたときの対処法
Image: Andrii Zastrozhnov/Shutterstock.com

時々こういうことはありませんか?

何かおいしいものを食べて(おそらくたまにしか食べられないもの)、胃袋も脳ももう満腹だと言っているのに、さらに何口か食べてしまい、おまけにデザートまで食べてしまったということが…。

それは、ホリデーの豪華な食事かもしれないし、お気に入りのお店からのテイクアウトかもしれませんが、とにかくあなたは食べすぎてしまいました

そんな時に起きるのが「消化不良」です。

今回は、胃から食べ物が飛び出しそうだと感じたときに、胃を落ち着かせる方法をいくつか紹介します。

そもそも消化不良とは?

アルカセルツァー(鎮痛薬)のCMがテレビで流れていた時代を知らない人には、消化不良とは何かの説明が必要かもしれません。

胃のむかつきとしても知られる「消化不良」は、不快な膨満感上腹部の灼熱感吐き気など、さまざまな消化器関連の症状の集まりを表す用語です。

消化不良は、一度に食べすぎること以外にも、さまざまな要因で発生します。

なかには深刻な健康問題が隠れている場合もあるので、消化不良の症状が頻繁に起きるという人は、医師に相談することをおすすめします。

以下に、食べすぎが原因の消化不良にしぼって、いくつかの対処法を紹介します。

消化不良の対処法

多くの人が、消化不良に対する独自の対処法を持っています。自分に最適な方法がわかるまで、試行錯誤が必要かもしれません。

ここに参考となる対処法をいくつか紹介しておきます。

制酸薬を飲みたくなるかもしれませんが、Cleveland Clinicによると「胃酸過多では消化不良にならないので、制酸薬を飲んでも消化不良は解消できない」そうです。

あわせて読みたい

ストレスや食べすぎに効く、胃に優しい飲み物4選

食べすぎても焦らなくていい。健康的な正しい対処法とは


Image: Andrii Zastrozhnov/Shutterstock.com

Source: Cleveland Clinic

Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next