連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPadをMacBookのように使いこなす7つのアイデア

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPadをMacBookのように使いこなす7つのアイデア
Image: quangmooo/Shutterstock.com

最初に登場した時は、iPadはiPhoneの大きい版のように思っていたかもしれませんが、ここ何年かの間にパワーとユーザビリティの両方が向上しました。

ですから、MacBookに見切りをつけて、もっと軽くて持ち運びがしやすいiPadに興味が移っている人もいるでしょう。

Appleは、iPadがノートパソコンの代わりになるようなハードとソフトの発明をしてきました。多くのMacBookユーザーにとって、iPadで仕事をするように切り替えるまたとない時期です。

今回の記事では、iPadでMacBookのワークフローを実現するためのおすすめを、「ハードウェア」と「ソフトウェア」の2つの項目に分けてご紹介します。では見ていきましょう。

iPadをMacBookのように使えるハードウェア

物理的にいくつかアップデートをすると、これまで以上にiPadがノートパソコンの代わりに感じられます。

1. キーボードとマウスを使う

キーボードケースを付けたiPad
Image: MakeUseOf

iPadでは、ソフトウェアのキーボードを使ってメッセージを入力しますが、長文を書くのに適した方法ではありません。

AppleのMagic Keyboardを使えば、MacBookと同じように入力できたり、トラックパッドを活用でき、使った後はiPadをケースから取り外すこともできます。

さらに、外付けのマウスを使うのが好きな人たちや、防水機能などの耐久性を求める人たちに応えて、多くのサードパーティが様々なキーボードを提供。

また、トラックパッドやスクリーンをタップするのではなく、ノートパソコンと同じ感覚でクリックできるマウスも使うことができます。

手始めに、iPadのベストキーボードケースの記事もチェックしてみてください。

2. iPadスタンドを買う

iPadを使っている時の姿勢にこだわる人が増えていますが、便利にデザインされているiPadケースでも、首や肩が凝らないようにするのに必要な高さがありません。

目線の高さでiPadを見るための物が必要です。

ありがたいことに、適切なiPadスタンドを使えば、それが実現できます。きちんとしたiPadスタンドを買えば、MacBookやiMacと同じように快適な高さでiPadを使えるでしょう。

さらに、iPadスタンドの高さやデザインも豊富。

固定スタンド、もしくは高さが変えられるアームのものや、ヘッドが回転し簡単に縦置きと横置きが変えられるものなどから選べます。

iPadスタンドはより軽量なので、MacBookのスタンドよりもコンパクトで、非常に安価な傾向にあります。

3. Hubを追加する

内部のストレージ容量やカメラの品質、ネットワーク速度など、iPadに何かしらの不満がある場合も、Appleは応えてくれます。

iPadを様々なハードウェアと互換性があるようにするための、外付けのHubに対応。

Lightning USB 3 カメラアダプタという名のHubを使えば、デジタルカメラから写真を取り込む以上のことができます。

ハードドライブやSDカードのような、外部のストレージデバイスと接続可能。

iCloudドライブ
Image: MakeUseOf

クリエイターの場合は、ドングルを使ってライブカメラ、オーディオ機器、リングライトと接続することができます。

ネットワーク速度を上げたい場合は、iPadにHubをつなぎ、イーサーネットケーブルでルータと直接接続することも。

さらに、画面サイズを大きくしたい人は、iPadをモニターを接続して、プレゼンやゲーム、写真を見せるのにも使えます。

マストバイ! iPadの実力を引き出す8つの神器

iPadをMacBookのように使えるソフトウェア

ハードウェアはiPadを増強するのに効果がありますが、それだけではまだ半分です。次は、iPadをノートパソコンのように使えるソフトウェアを見ていきましょう。

4. カーソルをカスタマイズする

長年マウスを使ってきた人は、キーボードの横でマウスを動かすのではなく、画面をタップして物理的に動かすことに苦労しているかもしれません。

iPadOS 13.4以降では、トラックパッドとマウス両方に対応するカーソル機能が追加され、この問題が解消されました。

iPadでカーソル機能を使えるようにするには、「設定 > アクセシビリティ > タッチ」を開き、「AssistiveTouch」をタップ。

「AssistiveTouch」を有効にしたら、BluetoothやUSBで接続されているマウスやトラックパッドが自動的に使えるようになります。

デフォルトの設定は、iPadのカーソルは丸い半透明グレーで表示。

ポインタスタイルの設定画面
Image: MakeUseOf

カーソルの使い勝手をさらに上げたい人は、設定でカスタマイズすることができます。

先ほどの「タッチ」の設定で「ポインタのスタイル」を選択。このメニューから、コントラストを上げたり、ポインタのサイズやアニメーション、スクロール速度の調整など、様々な変更ができます。

5. ジェスチャーを活用する

iPadでジェスチャーを有効にすると、MacBookで慣れ親しんだトラックパッドのショートカット的なものを使えます。

AppleのMagic Trackpadや、公認のサードパーティのケースを使えば、画面間をさらに効率的に移動したり、テキストを操作したりできるでしょう。

iPadでジェスチャーを使うには、BluetoothでトラックパッドをiPadに接続すれば、MacBookと同じようにジェスチャーを使うことができます。

まず最初に、指3本でスワイプアップしてホーム画面に戻ったり、左右にスワイプしてアプリを切り替えたり、ピンチモーションを使ってアプリを終了したりしましょう。

iPadのメールと写真の画面
Image: MakeUseOf

6. ウィンドウ管理をマスターする

MacBookは、ウィンドウ管理能力が素晴らしいことで知られています。

初期のiPadは、ウインドウ管理(アプリ管理)にかなりイライラするような手間がかかっていました。しかし、最近はSplit ViewやSlide Overのような機能が登場し、問題は解消されました。

Split Viewを使ってiPadでマルチタスクをするには、Dockから次のアプリを画面にドラッグするだけです。Slide Overは、画面上でアプリをiPhoneサイズで使えるようになります。

真ん中の分割線を動かせば、各アプリをどれくらい画面上に広げるか、都合よく調整。

アプリ間で写真をドラッグ&ドロップでき、3つ目のアプリでこのプロセスを繰り返すこともできます。

7. クラウドサービスで容量を買う

MacBookユーザーがiPadに買い換えようと考える時に一番心配なのは、iPadの内部ストレージの容量が足りないことです。

Hubと外部のハードドライブを組み合わせて問題を解決することもできますが、手頃で手に届きやすいクラウドストレージの数も増えています。

Google Drive、Dropbox、AppleのiCloudのようなサブスクリプションのストレージは、以前よりも安価になっています。

安価なクラウドストレージサービスのまとめ記事(英語)で、あなたに最適なものを見つけてください。

iPadを手に持っている人
Image: MakeUseOf

今日からiPadに切り替えよう

それでも、まだMacbookを手放せない仕事の人は多いと思いますが、ほとんどの人はiPadに切り替える準備ができていると思います。

気軽に使うライトユーザーは、現在販売されているMacBookに匹敵する十分なパワーを備え、様々な画面サイズから選べるiPadに簡単に切り替えられるでしょう。

形も機能も幅広いiPadは、様々なライフスタイルやユーザーに合います。

最近のiPadOSのアップデートにより、キーボードからストレージデバイスまで外部のハードウェアが使えるようになり、これまで以上により柔軟性が上がりました。

Appleのエコシステムの使いやすさを損なわずに、よりコンパクトにMacのメリットを享受できるのがiPadです。

あわせて読みたい

マストバイ! iPadの実力を引き出す8つの神器

iPad版illustratorレビュー!どんな人にオススメ?新機能を解説します


Image: quangmooo/Shutterstock.com

Original Article: 7 Ways to Make Your iPad Feel More Like a MacBook by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next