連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

使いやすさとコンパクトさを目指して。国産ブランドレザー採用の三つ折り財布を使ってみた

machi-ya

author Junya Masuda
使いやすさとコンパクトさを目指して。国産ブランドレザー採用の三つ折り財布を使ってみた
Photo: Junya Masuda

カードケースみたいなのに、しっかりお財布。

キャッシュレス化も進み、小さなお財布を目にする機会も増えましたが小ささと使いやすさのバランス感って難しいですよね。人それぞれの使い勝手もありますし…。

そんなミニマル財布ジャンルですが、使いやすさにもこだわりつつ、三つ折りでコンパクトなHand Bit」が姉妹サイトmachi-yaでキャンペーンを実施中です。

ちっちゃく可愛いフォルムに惹かれ、サンプルを使う機会をいただけたので、使ってみた感想をお届けします。

栃木レザー採用の本革財布

DSCF4109
Photo: Junya Masuda

一見するとキーケースのような外観の「Hand Bit」は、品質にも定評がある老舗タンナーの栃木レザーのものを採用

5色あるカラーバリエーションは、どの色もポップすぎず地味すぎずないい塩梅で、エイジングとともに大人っぽさも楽しめそうだと思いました。

DSCF4351
Photo: Junya Masuda

丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、手にとって持つと小ささが際立ちますね。三つ折り構造によってコンパクトさを実現しています。

DSCF4113
Photo: Junya Masuda

展開してみると、馴染みある財布らしい見た目になりました。右からカードスロット、小銭入れが並び、下側にお札入れスペースが確認できます。

三つ折り財布は収納時の面積をコンパクトできる反面、小さいがゆえの操作のしにくさが生まれる場合もありますが、「Hand Bit」でお会計した時にも使いづらいと感じることはありませんでした。

使い勝手向上ポイントが随所に

img_13
Image: Kii Point

お札落下防止の押さえも浅めに作られており、実際に使った時は程よいホールド感でした。

DSCF4118
Photo: Junya Masuda

また札押さえの裏スペースはマルチ用途のポケットとして機能し、例えば自宅やロッカーの鍵などを挟んで収納できます。

DSCF4122
Photo: Junya Masuda

カードスロットの収納可能量は4枚とやや控えめに感じますが、最近だとポイントカード類もアプリ化が進んでいるので、クレジットカード・キャッシュカード・免許証・保険証と必須カードだけを持ち運ぶと考えれば納得の枚数かも。

ちなみに、カードスロットには指でカードを押し出しすための切り欠けも用意されており、十分にスムーズでしたよ。

サブウォレットとしてもオススメ

DSCF4116
Photo: Junya Masuda

空の状態(左)と、カード4枚とコインを10枚、お札を1枚入れた状態を比べてみました。

三つ折り形状で革の丸みや厚みはそれなりにあり、極薄という製品ではありませんが収納時も厚みの変化がでにくいのが良いですね。メーカーの実験ではお札10枚、小銭10枚、カード4枚を収納しても厚みは2cm以下に収まるのだとか。

DSCF4357
Photo: Junya Masuda

筆者愛用の名刺入れと比べても一回りコンパクト。むしろ、財布より大きい名刺入れって…、と思いましたが名刺は規格が決まっているからこれ以上のサイズダウンができないんですね…。

そう考えると「Hand Bit」はしっかりデザインされた小型なのでしょう。

DSCF4353
Photo: Junya Masuda

できる限り身軽に荷物を減らしたい冠婚葬祭や旅行などのシーンでも「Hand Bit」は活躍してくれそうです。


国産老舗タンナー、栃木レザーを採用した三つ折りコンパクトなお財布「Hand Bit」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。

執筆時点では販売予定価格から3,000円OFFの11,800円(税・送料込)からオーダー可能でお得な2個セットのコースなどもありましたよ。カップルや夫婦でお揃いなんていいかもしれませんね!

気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてください。

>> キーケースサイズに小さい本革財布「Hand Bit」

Image: Kii Point

Photo: Junya Masuda

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next