連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

泡を追加して雑念をビジュアル化、瞑想入門をサポートしてくれるアプリ【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
泡を追加して雑念をビジュアル化、瞑想入門をサポートしてくれるアプリ【今日のライフハックツール】
Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

瞑想は、続けることでメンタルが整う感覚が実感できるようになると言われますが、最初はつかみどころがないものです。音声などでわかりやすくガイドしてくれるさまざまな瞑想アプリがあるなか、泡のビジュアルを使って瞑想のコツを学ぶアプリを試してみました。

Tadayou』は、瞑想アプリをいくつか試してみてうまくいかなかった方にも、新たな気づきを与えてくれるかもしれません。

漂う泡で雑念を認識

Tadayou-1
Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

『Tadayou』では、瞑想中に頭の中をよぎるさまざまな“考え”(雑念)を泡として表しています。漂う泡をぼんやり見つめた状態で、息を吐いたり吸ったりすることに注意を向けていきます。

Tadayou-2
Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

セッションを開始する前に、セッション時間や泡の色などを設定。オプションの中からガイド「あり」を選択すると、注目する色の泡上に、「注意を戻し呼吸に集中しましょう」などといったガイドが表示されました。

呼吸は泡の膨らみに合わせて

Tadayou-5
Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

注目する泡が膨らんだり縮んだりするのに合わせて呼吸すると、自然と思考がスローダウンしていきました。

注意は泡の動きのようにフンワリしたものです。呼吸に注意を向けているつもりでも、次の瞬間には明日の予定を思い浮かべたり、少し前の会話がよぎったりします。

Tadayou-3
Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

このアプリでは、泡を追加してこういった雑念をビジュアル化していきます。泡に雑念の名前を書くわけでなく、画面左下の「+」ボタンを押すと表示される4色の泡の中からしっくりくるものを選ぶだけです。呼吸に注意を向けつつも、追加した雑念がだんだん薄くなって消えていくのが認識できました。

セッションの時間を延長することも

Tadayou-4
Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

設定したセッション時間とともに瞑想終了のポップアップが出ますが、心地よくてそのまま続けたいときには延長も可能。いつもより長めに瞑想したいことは実際によくあります。

また、今回のセッションと同じ時間でリマインダーを設定するかどうかも尋ねてくれて、習慣化のツボも押さえていますよね。

Tadayou-6
Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

瞑想入門をビジュアルでサポートしてくれるアプリ『Tadayou』は、App Storeから無料でダウンロードできます。

あわせて読みたい

瞑想から最大限の効果を得る方法(自宅でも)

なんとなく不安を感じる。これって不安障害? 専門家の答えは

自粛ストレス解消!すぐできるメンタル回復法9つ


Source: Tadayou

Screenshot: 山田洋路 via Tadayou

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next