連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

5年ぶりにiPhoneを買い替えたら世界が変わった「iPhone 12 mini」|これ買ってよかった

  • カテゴリー:
  • TOOL
5年ぶりにiPhoneを買い替えたら世界が変わった「iPhone 12 mini」|これ買ってよかった
Photo: ドサ健

2020年もあとわずか。ライフハッカー[日本版]編集部とライターが、今年買ってよかったもの=使うほど生活が豊かに、QOLをあげてくれたアイテムをご紹介します。

「これ買ってよかった」の記事一覧はこちら>>

2015年に手に入れ、かれこれ5年。

バッテリーを交換してまで愛用してきたiPhone 6sですが、iPhone 12 miniに機種変しました。

主な理由は容量不足。16GBと少なかったので、アプリやデータを削除することが増えてきたためです。

5年ぶりの新しいiPhoneですが、使い方が大きく変わるわけじゃないので、そんなに大きな変化は期待していませんでした。

でも、実際に使ってみてわかりました。今年一番のいい買い物だったと。

買ってよかった理由

20201220dosa1
Photo: ドサ健

細かいスペックはAppleのサイトをご覧いただくとして、僕がiPhone 6sから機種変してよかったと感じた主な理由は、この3つ。

1. 容量が大幅アップ

16GBから128GBに。

iPhone 12 miniのラインナップは、64、128、256GB。余裕をみて128GBモデルを購入しました。

iPhone 6sの時は、使うアプリを厳選し、使わないアプリや必要のないデータはこまめに削除して、空き容量の維持に手間を掛けていました。また、空き容量が少ないためにiOSのアップデートに失敗して、初期化したことも。

8倍の128GBになった今、それらの心配がなくなり、空き容量維持に手間と時間を掛けることがなくなりました。

2. 体感でわかるほど速い

アプリの表示や動作が、はっきりとわかるほど速くなりました。

iPhone 6sの時は比較するiPhoneがなかったので、そういう動作速度だと思って使っていました。でもiPhone 12 miniを使ってわかりました、今までは遅かったんだと。

チップがApple A9からA14 Bionicに変更にされて速くなったんだろうなあとは思っていましたが、実際に使ってみると、体感でもわかるほどに動作や表示が早くなっています。待ち時間が減り、とっても快適になりました。

3. 写真の表現力が違う

20201220dosa6
Photo: ドサ健

iPhone 12 mini 超広角(×0.5)で撮影

20201220dosa7
Photo: ドサ健

iPhone 6s 通常(×1)で撮影

iPhone 12 miniはカメラのレンズが広角と超広角の2つになり、iPhone 6sより性能が大きくアップ。同じ場所から撮影したのに、超広角で撮影するとこれだけ差が出ました。

20201220dosa8
Photo: ドサ健

また、ポートレートモードを使うと一眼レフのように背景をぼかすことができ、表現豊かな写真を撮影することも。

撮影がド素人な僕でも、簡単にそれっぽい写真が撮れました。

QOLが上がったおすすめポイント

20201220dosa2
Photo: ドサ健

iPhone 12 mimiを使ってしばらくすると、生活がとても快適になっていることに気がつきました。

置くだけでいいワイヤレス充電が楽

iPhone 6sを使っていた時は、ケーブルを挿して充電することが当たり前。置くだけで充電できるということが、正直どういうことなのかピンときませんでした。

iPhone 12 mimiをワイヤレス充電してみて、その便利さがわかりました。「ケーブルを挿す」という動作がひとつなくなるだけで、充電が非常に楽です。

使い勝手がほぼ一緒

20201220dosa3
Photo: ドサ健
20201220dosa4
Photo: ドサ健

数種類あるiPhoneからiPhone 12 miniを選んだ理由は、その小ささ。

iPhone X以降、サイズの大型化が続いて片手の操作が難しくなりました。iPhone 12 miniは、iPhone 6sより小さくなったにも関わらず、画面サイズは大きくなりました。

また、指を動かす範囲がほとんど変わらないので、以前と同じ感覚で操作ができ、使い勝手がほとんど変わりません。

Face IDが便利

iPhone 6sのロック解除は、Touch ID。iPhoneを使う際、毎回ホームボタンに触れて指紋認証をする必要がありました。

iPhone 12 miniにしてからは、iPhoneを手にとって画面を見ればロックが解除されます。

「画面を見る」という動作は、iPhoneを手にとったら自然と画面を見ているので、意識してこの動作をする必要がありません。自然な動作で、自然とロックが解除されるようになっています。

ホームボタンに触れる一手間が減ったことで、よりすんなりとiPhoneを使い始めることができるように。

ただ、マスクをした状態ではロック解除ができないのがちょっと不便かも。マスクをしていることが多い昨今、Touch IDよりちょっと不便にはなりましたが、セキュリティが優先ですからしょうがないですね。

もうiPhone 6sには戻れない

20201220dosa5
Photo: ドサ健

2020年のiPhoneは、丸みを帯びたボディからエッジの効いたものに一新されました。

個人的には、iPhone 4や5sのような角張ったデザインが好みだったので、そのデザインに近いiPhone 12 miniはとても気に入っています。

iPhoneを持った時、エッジ部分が手のひらに触れた時の感覚が好きです。

手に持って使うことが多いので、手触りが好きか嫌いかは、僕にとって重要な要素だったりします。

スペックが良くなったことや新しい機能が増えたことと同じぐらい、手に持った時にしっくりきたことも、iPhone 12 miniを買ってよかった理由のひとつです。

iPhone 6sからiPhone 12 miniに機種変したら、性能がアップし、機能が増え、今までよりも速くなり、できることが増えました。

それだけ大きく変わったにもかかわらず、買い替えた数時間後にはiPhone 12 miniが手に馴染んでしまい、もうiPhone 6sには戻れなくなりました。

5年ぶりに機種変したiPhone。生活がより豊かになるのは、間違いないです。

あわせて読みたい

iPhone 12 ProとHomePod miniで世界が変わった|これ買ってよかった

キッチンや寝室を映画館に! モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」|これ買ってよかった


Photo: ドサ健

Source: Apple

ドサ健

swiper-button-prev
swiper-button-next