連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

キッチンや寝室を映画館に! モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」|これ買ってよかった

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
キッチンや寝室を映画館に! モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」|これ買ってよかった
Photo: 山田洋路

2020年もあとわずか。ライフハッカー[日本版]編集部とライターが、今年買ってよかったもの=使うほど生活が豊かに、QOLをあげてくれたアイテムをご紹介します。

「これ買ってよかった」の記事一覧はこちら>>

娯楽から情報収集、モチベーション管理にまでYouTubeやNetflixを使い倒している方、多いんじゃないでしょうか。私もまさにそのうちの1人。

特にモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を購入して以来、動画から得るメリットはますます大きなものになりつつあります。

小回りが効いて平面ならどこでもスクリーンにできるところがお気に入り。Ankerによるこのミニプロジェクターは、今年最もお世話になったデバイスかもしれません。

キッチンや寝室を映画館に

NebulaCapsule-1
Photo: 山田洋路

動画の視聴はスマホやテレビなんかでも構わないんですが、映画館にもなかなか行きづらい昨今。自宅でどっぷりと名作に浸かる時間を設けたいじゃないですか。

好都合なことに、Netflixのレコメンド表示欄は観たいコンテンツであふれています。

そんなわけで最近は、食事どきや寝る前、休日の時間があるときなど、かなり頻繁に「Nebula Capsule」を持ち出しては、充実したひとときを過ごしています。

コスパが高く準備の手間も不要

NebulaCapsule-0
Photo: 山田洋路

実はプロジェクターで映画を観る楽しみは、DVD時代に味を占めたもの。

ただかつてのプロジェクターは、かさばって値が張り、セッティングの手間もあったものです。

以来モバイルプロジェクターもいくつか試してきたものの、どれもしっくりこなかったことから、「Nebula Capsule」への期待値はそれほど高くありませんでした。

NebulaCapsule-3
Photo: 山田洋路

「Nebula Capsule」の電源をオンにしてすぐに、時代は変わったのだと痛感。350ml缶サイズで低価格、100ANSIルーメンにして、壁に映し出される映像の鮮明さは一般的なサイズのホームプロジェクターに見劣りしないレベルです。

Android搭載で単体でYouTubeやNetflixが利用できますし、HDMIケーブルをつないでスマホのコンテンツを視聴することも可能です。つまり視聴の準備がほとんどありません。

バックグラウンド映像を流して仕事にほどよい刺激を

NebulaCapsule-2
Photo: 山田洋路

純粋に楽しみたいとき、知恵や情報を得たいときなんかに重宝するのはもちろんですが、自宅での仕事がイマイチ乗らないときなんかにも利用しています。

作業系の動画を壁に大きく映し出しておくことで、意識が仕事モードに

「Nebula Capsule」を購入する前はサブモニタでこれを行っていましたが、体感としては映像のサイズが大きいほうが効果的な気がします。

台詞が入っているものだと気が散るので、プロジェクターは映像だけにして、BGMを流すのもありです。

「Anker Nebula Capsule」はきっと、価格とサイズからの想像を超えてきます。

お値段は、Amazonで3万9999円、送料無料となっています。活用方法は無限大。

クオリティの高い動画を、さらに大画面で楽しんでみてください。

あわせて読みたい

私の健康管理は君に任せた。愛してやまない「Fitbit Sense」|これ買ってよかった

自宅でスカッと! 運動不足&ストレスを解消できるサンドバッグ|これ買ってよかった


Photo: 山田洋路

Image: Amazon

Source: Amazon

swiper-button-prev
swiper-button-next