連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

アレクサの新しいライブ翻訳機能を日本でも使う方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
アレクサの新しいライブ翻訳機能を日本でも使う方法
Image: Amazon

Alexaに新しく搭載されたライブ翻訳(Live Translation)機能のおかげで、Amazon Echoデバイスを私的な通訳者として使えるようになりました。

その他のデジタルアシスタントの翻訳機能と同じく、このライブ翻訳はAIを利用した機能であり、複数の言語が話されているのを認識し、それぞれの言語をもう片方の言語に自動的に翻訳してくれるもの。

Googleアシスタント「通訳モード」登場。海外旅行での会話が劇的に変わる

ライブ翻訳で使われている技術は興味深いもので、Amazonが発表した記事(英文)で詳細を読むことができます。

利用にあたっての注意点・制限

ライブ翻訳は簡単に使える機能ですが、注意すべきいくつかの制限があります。

まず、この機能は米国内のEchoデバイスでのみで利用できます。つまり、Echoデバイスの場所とシステム言語を「English U.S」に設定する必要があると、Amazonは言っています。

住んでいる国によっては、この設定で不都合が生じることもあるでしょう。たとえば、Alexaの話し方のアクセントや、時間、天気、受信するローカルアラートなど、すべてが変わってしまいます。

また、システム言語をU.S. Englishに設定すると、翻訳できる言語の片方は自動的に英語になってしまいます(少なくとも現時点では)。 現在、ライブ翻訳機能が認識できる言語は次の通り。

  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ人
  • ヒンディー語
  • イタリア語
  • ブラジルポルトガル語
  • スペイン語

ライブ翻訳はすべてのEchoデバイスで機能しますが、Echo Showユーザーには追加特典があります。

Echo Showの画面には、両方の話者のライブ翻訳がそれぞれの言語で表示されるため、直前の会話を文章で確認することができます。

とは言うものの、現在、ライブ翻訳をサポートするAlexaデバイスは Echoスピーカーしかなく、ライブ翻訳を使える場所も限られています。

状況的に、最近旅行している人はほとんどいません。国内を旅行中に翻訳機としてEchoスピーカーを持ち歩こうという人はさらに少ないでしょう。

おそらく将来は、ライブ翻訳がほかのAlexa搭載デバイス(および他の国)でも使えるようになると思いますが、今のところは、海外からのゲストを迎えるのに使えるといったところでしょうか。

EchoデバイスでAlexaのライブ翻訳を使う方法

1: 呼びかける

ライブ翻訳を使う準備ができたら、「Alexa, please translate English to[second language](アレクサ、英語から[もう1つの言語]に翻訳して)」と呼びかけます。ほかの言い方でも使えるはずです。いずれにせよ、どの言語に翻訳するかをきちんとAlexaに伝えてください。

2: 会話する

通常どおり会話を続けます。Alexaが聞き取り、必要に応じて翻訳してくれます。このとき、Echoスピーカーが話者の声をはっきりと聞き取り、理解できるようにするため、話者がEchoスピーカーの近くにいる必要があります。

3: 終了する

会話が終わったら、「Alexa, Stop(アレクサ、ストップ)」と呼びかけて、ライブ翻訳機能をオフにしましょう。

あわせて読みたい

移動するだけで自宅の家電がON&OFF。スマートホームの新しいスタイル、GPS連携を試してみた

ノックで家電がコントロールできるデバイス【今日のライフハックツール】

Image: Amazon

Source: Amazon

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next