連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleマップがアップデート! 最新「コミュニティ」機能を使いこなそう

author 訳:伊藤貴之
  • カテゴリー:
  • TOOL
Googleマップがアップデート! 最新「コミュニティ」機能を使いこなそう
Image: Piotr Swat/Shutterstock.com

Googleマップアプリに、やりたいことや、その場所への経路を見つけるのがとても簡単になる、いくつかの新機能が追加されました。

一番大きなアップデートは、AndroidとiOSのアプリの[スポット]タブ内に追加されたコミュニティ機能です。

最新のコミュニティ機能でできること

この新しいセクションには、SNSフィードのように、自分が住んでいる地域のニュースやアップデート、マップ検索の履歴やロケーション履歴が表示されます。

コミュニティ機能にはさらに、新着のレビュー、訪れた場所や検索した場所の最近の写真、近くのイベントのハイライト、ローカルユーザーの評価に基づいたおすすめ情報なども表示されます。

また、ビジネスを「フォロー」して、新着のフィードや、ユーザーのレビューを確認することも可能。

旅行先や、別の場所のアクティビティを探したい場合は、フィードの上部にある場所の名前をタップして、場所を変更できます。

Googleマップのキャプチャ
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

新型コロナウイルスの感染者増の関係で、屋外のアクティビティはまだ楽しみづらい状況ですが、コミュニティ機能ではほかにも、店舗の営業時間や入場数制限の変更など、新型コロナウイルスに関連する重要な最新情報を入手できます。

フィードの上部にある「地域の COVID-19 最新情報」をタップするだけです。

いつからコミュニティ機能を使えるの?

コミュニティ機能は、すべてのAndroid、iOSユーザーに公開されています。

サーバー側で行われるアップデートなので、スマホにアプリ等をインストールする必要はありませんが、このフィードがあなたのGoogleマップアプリでいつ利用可能になるのかは、正確には予測できません。

利用可能になっていれば、アプリを開いて[スポット]タブをタップしてから上にスワイプすると、コミュニティフィードが展開されます。

そのほかに追加された機能は?

コミュニティ機能に加えて、Googleはナビゲーションをさらに快適にする、2つの小さなアップデートのベータテストも行っています。

マップビューの建物番号

Googleマップで、建物番号がマップに直接表示されるようになりました。目的の場所に到着しても、どの建物が正解なのかわからないときに便利です。

ただし、建物番号を表示するにはマップをズームインする必要があるので、くれぐれも運転中は使わないようにしましょう。

この機能は、リリース時点ではいくつかの都市でのみ利用可能ですが、将来的に適用範囲は広がるはずです。

より正確なライドシェア情報

Googleマップでは、ライドシェアの推定運賃と到着時間がすでに提供されていますが、こうした数値の正確性が向上する予定です。

少なくともこの機能がGoogleマップアプリの安定版に追加される頃には、かなり良くなっているでしょう。

***

AndroidでGoogleマップのベータプログラムにオプトインすれば、この2つの機能を早めに試すことができます。

すぐには表示されない場合がありますが、ベータ版に登録してアプリを最新の状態に保っていれば、いずれ表示されるはずです。

あわせて読みたい

iPhoneのウィジェットに「Gmail」がついに対応! 早速使ってみた

Googleフォト以外で、5つのストレージサービスを比較検討してみた


Image: Piotr Swat/Shutterstock.com

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

Source: Google Play

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next