連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

快眠度が上がるかも? 体型や寝心地にあわせてカスタマイズできるマットレスを使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
快眠度が上がるかも? 体型や寝心地にあわせてカスタマイズできるマットレスを使ってみた
Photo: Junya Masuda

人によって異なりますが、おおよそ人生の約3割を占める睡眠時間。

健康な生活を送るために、適切な時間を規則正しく取るのが前提ですが、そもそも自分に合った寝具を使えていますか? 価格やサイズ、間取りなど多くの条件もあるなかで、最適なものに出会えている方は実は一握りなのかもしれません。

姉妹サイトmachi-yaに登場した「パーソナルフィットオーバーレイ」は、使いやすいアドオンタイプで、さらに体型や好みに合わせて自分で硬さを部位別にカスタマイズできるのが特長です。

今回、試作品をお借りすることができたので実際に使ってみた感想をお届けします。

上中下でカスタマイズ可能

DSCF2204
Photo: Junya Masuda

今回は分かりやすくご覧いただけるようにカバーを外して撮影してみました。

マットレス形状はよくある3つ折りタイプとなっており、上中下それぞれに少しずつ硬さの違う中身が入っています

4927bff7-beeb-4306-9f01-dfe270c727ab
Image: TAMURAKOMA

初期状態はこのような感じのセッティングになっていましたよ。

DSCF2181
Photo: Junya Masuda

こちらは反り腰タイプの方にオススメのセッティング。付属する追加パーツを入れることで腰部分を一段高くできる仕様です。

普段は反り腰かどうかを気にしたことはなかったのですが、この腰部分をしっかり支えてもらえる感じが筆者的に一番寝心地が良かったです。

新幹線シートにも使われる中材

DSCF2188
Photo: Junya Masuda

クッション性や硬さの違いを生み出す中材は東洋紡が開発した「ブレスエアー」という素材。

多くのマットレスにも採用されている他、新幹線や特急列車などにも採用されている耐久性にも優れたものとなっています。

DSCF2191
Photo: Junya Masuda

「パーソナルフィットオーバーレイ」では3種の硬さを組み換え可能ですが、それぞれの硬さの違いは「ブレスエアー繊維」の太さや、編み方による密度や厚みで調整されていました。

柔
Photo: Junya Masuda

弾力と反発力の感じ方は人それぞれですが、筆者的には硬すぎず柔らかすぎずといった印象。

DSCF2199
Photo: Junya Masuda

上中下それぞれのパーツには厚みや太さの違う2層構造で構成されているので、表と裏側で違う感触を実現することができるということですね。

通気性もよく丸洗いもOK

DSCF2185
Photo: Junya Masuda

ブレスエアーはご覧のとおり、繊維が編まれた形状で空気をしっかり通すため通気性も抜群なようです。寝ている時の発汗量はかなりのものなので、ムレにくいのは重要ですね。

さらに洗濯も可能なので清潔さを維持しやすいのも評価ポイントかと思います。


好みに合わせて硬さや寝心地を部位別にカスタマイズできるマットレス「パーソナルフィットオーバーレイ」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。

執筆時点では50台限定の早割コースが1万円OFFの29,900円(税・送料込)からオーダー可能でした。

人生の3割近くは睡眠に費やすことを考えると、手軽に改善できるアドオンタイプはありかもしれませんね! 気になった方は以下のリンクからチェックしてみてください!

>> 自分でカスタマイズして寝心地を改善できるマットレスの詳細はこちら

Photo: Junya Masuda

Image: TAMURAKOMA

Source: machi-ya

Junya Masuda

swiper-button-prev
swiper-button-next