連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

パソコンからスマートデバイスが一括管理できる無料アプリ【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
パソコンからスマートデバイスが一括管理できる無料アプリ【今日のライフハックツール】
Screenshot: 山田洋路 via TOGGOL

スマートホーム対応家電は、Google HomeAmazon Echoなどを介して操作できて便利です。

ただ、パソコンの前に座っている時間が長い方は、WindowsやMacのアプリでまとめて操作する手段があってもいいかもしれません。

TOGGOL』ならスマートデバイスが一括管理できるので、声に出したりスマホアプリを立ち上げる必要すらなし。パソコンの画面上から家電の操作が可能です。

パソコンで電気を消したりエアコンをつけたりできる

Video: gor Piatkov / YouTube

『TOGGOL』では、IFTTTを利用してスマートデバイスを操作します。実はWebhookを登録していくだけなんですが、パネルには家電の操作リストができて手元で電気を消したり、エアコンをつけたりができるようになります。

まずは、『TOGGOL』のWindow/Macアプリをインストール。「+」ボタンから操作を登録していきますが、ここでIFTTTのレシピをつくっておきます。

IFTTTのレシピから操作を登録

TOGGOL-6
Screenshot: 山田洋路 via IFTTT

IFTTT上でトリガー(This)として「Webhooks」を追加していきます。

TOGGOL-7
Screenshot: 山田洋路 via IFTTT

たとえば「monitor_off」といった、イベントの名前を決めて入力し、「Create trigger」を押すと、次はアクション(That)の追加に移ります。

TOGGOL-4
Screenshot: 山田洋路 via IFTTT

ここでは、サービス一覧のなかからお手持ちのスマートデバイスへの操作を選んで「Create action」。そまま進めていき「Finish」で追加完了です。

ボタン1つでスマートデバイスを操作できる

TOGGOL-8
Screenshot: 山田洋路 via TOGGOL

「Webhooks」のページの「Documentation」ボタンから、「https://maker.ifttt.com/trigger/イベントの名前/with/key/~」といった独自のURLが確認できます。先ほど作成したイベントの名前を当てはめたものがWebhookです。

TOGGOL-9
Screenshot: 山田洋路 via TOGGOL

このWebhookをアプリに登録すれば、リスト横のボタンから実行できるように。次々登録していけば、スマートデバイス一括操作プラットフォームの完成です。

スマートデバイスが増えるほど手元での管理が重宝

TOGGOL-1
Screenshot: 山田洋路 via IFTTT

1つ1つの操作は、話しかける手間と大して変わりないかもしれませんが、お湯を沸かしたりロボット掃除機を稼働させたり、スマートデバイスの数が増えるにしたがって、手元での操作の利便性が増すのではないでしょうか。

『TOGGOL』は公式ページからアプリをダウンロードして、無料で利用できます。ただし、IFTTTは無料アカウントで利用できるレシピが3つまでとなっていますので、スマートデバイスをたくさんお持ちの方は、アップグレードも視野に入れたいところです。

あわせて読みたい

Google HomeやSiriなどの誤起動、どう防ぐ?

必要な情報だけをミニマムに表示。天気や気温も一目でわかるスマートクロック『LaMetric TIME』

不要になったAmazon EchoやGoogle Homeのデータを消去する方法


Source: TOGGOL

Screenshot: 山田洋路 via TOGGOL , IFTTT

Video: gor Piatkov / YouTube

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next