連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

首元で体感温度を微調整。寒暖差を乗り切るためのウェアラブルデバイス【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
首元で体感温度を微調整。寒暖差を乗り切るためのウェアラブルデバイス【今日のライフハックツール】
Image: Polarseal

この季節、外はヒンヤリするけど部屋の中に入ると暑いといった事態が起こりがちです。

服装と代謝の調整だけで寒暖の差をやり過ごすのはちょっとツラいという方は、ウェアラブルデバイスの力を借りてもいいかもしれません。

ネックレスタイプの『GEMM』は、ボタン1つで首元を温めたり冷やしたりしてくれます。

42℃~10℃で温度調整

GEMM-4
Image: Polarseal

コントロールモジュールのボタンを押すだけで、首の後ろにあるネックモジュールの温め/冷却を開始。わずか数秒で体感に表れるようです。

強度は温/冷それぞれ3段階。シンプルなボタン操作で、42℃~10℃までの範囲で調整できます。

オールシーズンで利用できる

GEMM-1
Image: Polarseal

食事中に暑くなるアクティビティの休憩中に冷えるといったピンポイントでの活用もできて、着るものや羽織るものだけでは難しい体感温度の微調整を担ってくれそうです。

もちろん、オールシーズンで利用でき、空調の温度設定が自分に合わないときにも便利に活用できます。

ステルスモードも搭載

GEMM-2
Image: Polarseal

首にかけるだけのシンプルなデザインで、シャツの下にこっそり装着しておいても問題なしです。

通常はボタンが光る仕様ですが、TPOにそぐわないのなら、「ステルスモード」で暗くすることもできます。

1回の充電で最大7時間の温/冷が可能。自宅からオフィスや外出先への移動、スポーツやキャンプのアウトドアシーンなど、幅広い場面で体感温度の調整を助けてくれそうな『GEMM』は、Polarsealから購入可能です。

現在セール中で価格は239ドル(約2万5000円)、送料は無料となっています。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせてチェックしたいアイテム

あわせて読みたい

1年中使えそう!無印良品の「着る毛布スリーパー」が部屋着として優秀な理由【今日のライフハックツール】

快眠のカギは「深部体温」にあり。体温をコントロールするコツとおすすめグッズとは

心拍数や体温を“指輪で”トラッキング。体調の変化を把握できるアイテム【今日のライフハックツール】


Image: Polarseal

Source: Polarseal

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next