連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

ヘッドフォンを空きスペースに収納できるフック&クリップ【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
ヘッドフォンを空きスペースに収納できるフック&クリップ【今日のライフハックツール】
Image: ElevationLab

仕事や動画鑑賞を楽しむ際に、ヘッドフォンを使う方は多いと思います。スッポリと耳を覆うデバイスは没入にはもってこいなんですが、使わないときの置き場所に困っていませんか?

もしかすると、ラックなどに収納しているかもしれまんが、それだとすぐに取り出して使うのに難ありでしょう。

こうした課題は小さなフックさえあれば解決します。デッドスペースをヘッドフォン置き場にできるAnchor Side』をご紹介します。

垂直面にならどこでもヘッドフォン置き場に

AnchorSide_1-3
Image: ElevationLab

『Anchor Side』をデスクの側面やデスクの天板裏などに取り付ければ、そこがヘッドフォン置き場になります。

垂直面であればどこにでも取り付けられるみたい。

AnchorSide_4
Image: ElevationLab

この手のフックは吸着力がネックだったりしますが、こだわりのカスタム接着剤は吸着力が強力GoProのものと同じタイプとのことです。フック自体の素材には鋳造アルミニウムの2倍の強度があるとのことで、お気に入りの大きめヘッドフォンもまかせられるんじゃないでしょうか。

コードはクリップにとめてスッキリ

AnchorSide_6
Image: ElevationLab

少し離れた場所からもゆったりTV鑑賞できる長めのコード、これも収納時には厄介になります。

毎回グルグルとまとめるくらいしか手はありませんでしたが、『Anchor Side』を導入すれば、コードがクリップ部にとめておけるようになります。

AnchorSide_5
Image: ElevationLab

中継地点でとめるクリップも付属しているので、コードが床やテーブルに垂れ下がって邪魔になることもなくなりそうです。

もしワイヤレスヘッドフォンをお使いの方であれば、ここが充電ケーブルの定位置になるでしょう。

『Anchor Side』の価格は13.95ドル(約1500円)、送料12.59ドル(約1300円)となっていて、ElevationLabから購入できますよ。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせてチェックしたいアイテム

あわせて読みたい

モノが増えて困ったら、デスクに後付けできる引き出しで解決【今日のライフハックツール】

厚さ10cmに収納できるデスクは、自宅の仕事環境を整えるのに十分だった

おうち時間を快適にする便利アイテム5選|整理収納アドバイザーが厳選


Image: ElevationLab

Source: ElevationLab

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next