連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneのホーム画面にカウントダウン・ウェジェットを設置する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneのホーム画面にカウントダウン・ウェジェットを設置する方法
Screenshot: David Murphy

iOS14でカウントダウン・ウェジェットを作るのに使えるアプリはたくさんあります。

とはいえ、App Storeを「カウントダウン(countdown)」で検索してはいけません。

わけがわからなくなるだけです。私も使っているオススメのアプリは「Countdown Widget Maker」です。

完全な無料ではないものの、エレガントでカスタマイズ可能なウェジェットを簡単に作ることができます。

なぜCountdown Widget Makerのようなアプリが必要か?

たとえば、自分の誕生日、新しいゲーム機の発売日、会社を退職する日、新型コロナの自己隔離期間が終わる日など、特定の日時までにどれくらいの日数、時間が残っているかを知りたいというときがあるはずです。

前述のとおり、App Storeに行けば有料のカウントダウンアプリがたくさん見つかります。

開発者たちががんばってくれているのはありがたいこととは思います(カウンドダウンアプリをサブスクリプションで購入する必要はまったくありませんが)。

でも、Countdown Widget Makerを使えば、ベーシックなカウントダウン・ウェジェットを2つまで無料で作成することができます。

たいていのニーズなそれで十分満たされます。

カウントダウン・ウェジェットを無制限に作成したり、カスタマイズを自由にしたい場合は、4ドルを払ってPro版にアップグレードしてください。

Countdown Widget Makerの良いところは、付属の編集ツールを使って、ルック&フィールを非常に簡単にカスタマイズできることです。

無料版でもまったく問題ありません。

「Countdown Widget Maker」の使い方

20201111-countdown02
Screenshot: David Murphy

デフォルトでは、名前をつけて日時を選ぶだけでカウントダウン・ウェジェットが完成します。

さまざまなウェジェットテーマを使いたい場合は、プロ版にアップグレードする必要があります。

20201111-countdown03
Screenshot: David Murphy

無料版でも、ウェジェットの色やフォントを自由に変更できます。

作業が完了したら、ウェジェットを保存し、iPhoneのホーム画面に戻りましょう。

空白の場所を長押しして、通常通りウェジェットを追加してください(ところで、ちゃんとiOS14になっていますね?)。

20201111-countdown04
Screenshot: David Murphy

たとえばこんな感じ。前述のとおり、ウェジェットのスタイルを変えることもできます。

ほかにも、より安くより簡単にウェジェットを作れるアプリがあるかもしれませんが、1〜2ドルのために手間をかけて探す必要はないでしょう。

Countdown Widget Makerを使えば、見た目も良くてきちんと動作するカウントダウン・ウェジェットを簡単に作成できます。それ以上のことが必要ですか?

あわせて読みたい

iOS 14.2がリリース! 新しい絵文字や壁紙などの楽しい機能が追加に

iPhoneユーザーへ、Google検索のウィジェットは追加したほうがいい


Image:

Source: App Store

David Murphy - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next