連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

LIFE UPDATE

掃除嫌いの私がAnkerの新型ハンディクリーナーを使って実感したこと

  • カテゴリー:
  • TOOL
掃除嫌いの私がAnkerの新型ハンディクリーナーを使って実感したこと
Photo: 山田洋路

徐々に普及している家庭用お掃除ロボット。

しかし、自宅の隅々まできれいにしてくれるわけではありません。お掃除ロボットのカバーしていない範囲を、いかに手早くキレイにできるか?

掃除機がけに要する時間とエネルギーの極省化には、Ankerの新型ハンディクリーナー「Eufy(ユーフィ) HomeVac H11」がうってつけです。実機をレンタルできましたので、卓上に置けて軽いハンディクリーナーの使用感をお伝えします。

デスクの掃除が一瞬で

EufyHomeVacH11-1-2
Photo: 山田洋路

実は、私は掃除があまり好きじゃないんですが、今回「HomeVac H11」を使ってみて卓上掃除機がけが割と気持ちいいことを発見しました。

というより、とりかかるまでの憂うつさを感じる前に掃除が終わっている

加えて、いままで埃っぽかったモニタ周りなんかがスッキリしていますので、掃除好きの方のよく知る快感が味わえた次第です。

とにかく軽い

EufyHomeVacH11-10
Image: Amazon

「HomeVac H11」の発明は、約560gと軽いこととUSB充電できること。

いくらパワフルでも重たい掃除機はそれだけで使用頻度が減りますし、コンセントの口は余ってなくても、USBポートなら余裕があるんじゃないでしょうか。

EufyHomeVacH11-2
Photo: 山田洋路

軽いのと、持ち手のストライプ加工によるフィット感からストレスなく操作できます。

吸い取れるゴミのサイズですが、食べこぼしや飛び散ったコーヒー豆もシッカリ吸ってくれました。

充電はUSBポートで

EufyHomeVacH11-12
Image: Amazon

パソコンのUSBポートで充電しても一応作動しましたが、本来5V、2A(=10W)以上の出力が求められますので、モバイルバッテリーや充電アダプターを利用したいところ。

EufyHomeVacH11-9
Photo: 山田洋路

やや不便だなと感じたのが、充電しながらの掃除ができないこと。

ちょっと卓上を掃除する際も、MicroUSBケーブル抜き差しのアクションが生じます。

ですので、常に充電しておくというよりも、充電ランプが3つともったらケーブルを抜いておく運用が良さそうです。

ちなみに吸引力はバッテリーが切れる直前まで落ちませんでした。

ゴミ捨ても手軽に

EufyHomeVacH11-8
Photo: 山田洋路

たしかに隅々までキレイにできますが、家中を掃除するとなると細切れの掃除機がけを強いられます(満充電での稼働時間は約13分)。デスクやソファなど、場所を決めてこまめに掃除したいときに良さそう。

また、ダストカップも小さめで、溜まったゴミがよく見えます。こまめなゴミ捨てを促してくれますよ。

EufyHomeVacH11-7
Photo: 山田洋路

ゴミ捨ては、先端部分をパカっと取り外すだけできて手軽でした。

これなら、積もっていく塵の処理を後回しにする負のパターンから、数分間の掃除を積み重ねる習慣に切り替えられるでしょう。

コードレスで小回りばつぐん

EufyHomeVacH11-5
Photo: 山田洋路

ソファーの上クローゼットの隅など、普段は掃除しづらい箇所もスイスイと使えて、「HomeVac H11」の小回りの良さを実感しました。

また車の中を掃除するのに、この時期ガソリンスタンドのクリーナーを使うのには抵抗がありましたが、これがあれば解決です。

ロボット掃除機の働きを、ヒトが最小限の労力で補完できそうな「Eufy HomeVac H11」は、Amazonから購入できて、価格は4990円。家で仕事する時間が長くなった方は、小回りのきく掃除道具として購入してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

冬に備えるToDoリスト〜家周りの大掃除・メンテナンス・DIY対策

こんなに楽しかったなんて! 新発売の「テプラ PRO」で日常を整理整頓してみた【今日のライフハックツール】


Photo: 山田洋路

Image: Amazon

Source: Amazon

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next