連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Microsoft Officeでダークモードを有効にする方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Microsoft Officeでダークモードを有効にする方法
Image: PixieMe/Shutterstock.com

あなたもダークモードのファンなら、Windows10のテーマをダークモードに設定していることでしょう。

それでほとんどのアプリはダークモードになりますが、Microsoft Officeアプリの外観は変わりません。でもご心配なく。Officeアプリでもダークモードを問題なく使うことができます。

今回は、Office 2016から Microsoft 365まで、Microsoft Office アプリでダークモードを使う方法を紹介します。

Microsoft Officeでダークモードを使う方法

Officeアプリ(Word、Excel、PowerPointなど)を起動し、左上の[ファイル]メニューを開き、表示されるメニューの左下にある[アカウント]タブを開いてください。

すると、さまざまなOfficeオプションが表示され、そのなかに[Officeテーマ]のドロップダウンボックスがあります。ここで以下の4つの色からテーマを選ぶことができます。

  • 白:暗い要素のない、最も明るいテーマ。
  • カラフル:白のテーマに似ていますが、使用しているOfficeアプリに応じて、タイトルバーやその他の要素に色がつきます。 たとえば、Wordならタイトルバーが青くなります。
  • 濃い灰色:黒の代わりに濃い灰色を使った、暗めのテーマ。
  • 黒:最も暗いテーマで、黒と明るい要素から構成されます。
20201020-officedarkmode2

Microsoft Office 2016などの古いバージョンのOfficeも同じ手順でダークモードを有効にできます。ただし、Microsoftによると、のテーマはMicrosoft 365でのみ使用可能とのこと。

Office 2019のようなスタンドアロンのOfficeでは、黒のテーマは使えないということです。その場合は[濃い灰色]を選ぶとよいでしょう。

また、同じ設定画面の[Office の背景]オプションで、Officeアプリウィンドウの上部に表示されるデザインパターンを変更することもできます。効果は限定的ですが、カラーを変えたいときには試してみるべきオプションです。

また、必要に応じて、[ファイル]>[オプション]に移動し、[全般]タブを開いて色を変更することも可能。

この画面の[Microsoft Office のユーザー設定]セクションにある[Office テーマ]ボックスで上記と同様に色を選べます。

Mac版Officeでダークテーマを使用する

macOSでは、Officeのテーマはシステム設定に従います。

Macでダークモードをオンにしたまま、Officeアプリではオフにしたい場合は、アプリのメニューバーで[アプリ名]>[設定]を開いてください。

次に、[全般]タブで、[ダークモードをオフにする]をオンにすると、そのアプリではダークモードが無効になります。

ただし、ダークモードを使いたくないすべてのOfficeアプリについて、個別にこの作業を行う必要があります。

Microsoft Officeでダークモードにするもう1つの方法

これで、Microsoft Officeのテーマをダークモードに変更する方法がわかりました。 作業は簡単ですが、Microsoft 365ユーザーでない限り、最も暗い黒モードを使えないのは残念です。

残りのテーマには、白いページに黒いテキストで表示されますが、必要なら[全般]タブで色をカスタマイズできます。 ただし、この設定はドキュメントごとに行う必要がありますので、かなり面倒です。

あわせて読みたい

MicrosoftがExcel関数「XLOOKUP」を発表! 「VLOOKUP」から何が進化した?

Microsoft Wordウェブ版に新機能登場! 面倒な文字起こしがずっとラクに


Image: PixieMe/Shutterstock.com

Original Article: How to Enable Dark Mode in Microsoft Office by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next