連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

形を変えられる!THE NORTH FACEのキャリーバッグが大活躍する

roomie

  • カテゴリー:
  • TOOL
形を変えられる!THE NORTH FACEのキャリーバッグが大活躍する
Photo: きむ(ら)

旅行を計画中という人も少しずつ増えてきた様子。

海外など飛行機での旅行ならほぼスーツケース一択ですが、国内旅行となるとどのバッグにしようか意外と悩みませんか?

スーツケースだと大袈裟な気もするし、バックパックやボストンバッグだとちょっと重い気もするし……。

そんな悩みをソフトタイプのキャリーケースが解決してくれました!

THE NORTH FACEが作るとスーツケースはこうなる

201022_north_05
THE NORTH FACE 「ローリングサンダー 30インチ」 ¥44,000(税込)

昨今はアウトドアウェアが人気のTHE NORTH FACEですが、キャリーバッグもかなり優秀。

これを購入する前はハードタイプのスーツケースを持っていたのですが、海外旅行や沖縄旅行くらいしか出番がなく……。

もう少しライトな旅行でも使えるスーツケースを探していたところ、これにたどり着きました。

201022_north_09

本体の大部分は、1000デニールポリエステルTPEラミネートという雨や汚れに強い素材でできていて、いかにも頑丈そう。

201022_north_14

背面には、ハードな素材でできた成型モールドパネルを採用。型崩れを防ぎつつ荷物を守ってくれる安心感があります。

ギアの収納などアウトドアシーンでの使用も想定しているため、かなりタフな造り

それでいて、出張にも使えそうな都会的な雰囲気もあわせ持っています。

22インチ・30インチ・36インチの3サイズ展開ですが、小柄の私が単独で持つことも想定して大き過ぎない30インチに。

201022_north_20

ポケットも豊富で収納性抜群

201022_north_03

ローリングサンダー」は外側にポケットが3つあります。上部には大きめのポケットと小さめのポケット。

201022_north_07

大きい方のポケットはマチ付きでかなり大容量。サッと取り出したいアウターも難なく入ります。

201022_north_02-1

正面にはサイドジッパーのポケット。こちらもマチ付きでシューズなんかも入ります。

ハードタイプのスーツケースは通常外側にポケットはないので、これはかなり助かります。

201022_north_15

内部は背面の成型パネルのおかげで、見た目以上に深さがあり広々

フラップ部分はメッシュポケットになっています。

4泊くらいなら家族3人分が入るよ

201022_north_11

購入してからは、家族旅行や帰省にも大活躍

まだ多くても4泊くらいですが、家族3人分の着替えや洗面セットなどを収納することができます。

201022_north_13

深さがあるのでスタッフサックをこんな風に縦に入れられ、かなりのスペースを確保できます。

ストラップで固定できるので、開けてみたら重みで下の荷物がつぶれ気味ということもありません。

201022_north_10

メッシュポケットには、洗面ポーチや充電器などを入れたポーチを収納。

ビジネス利用の場合、シワを付けたくないシャツなどを入れてもいいですね。

残念なところ:前にしか進めない

201022_north_12

空港などでよく見かける4輪で回転するキャスター付きのスーツケース、重くても立てたまま縦横無尽に移動できるのでラクですよね。

ローリングサンダー」は、2輪で斜めに倒して引いて移動します

それなりに腕に負荷はかかるので、あのスイスイ感には劣るかもしれません。

でもホイールの動きもスムーズですし、少しくらいの悪路でもOKなのはアウトドアブランドならではのよさではないでしょうか。

201022_north_01

ちなみにサイドにも持ち手がついているので、こんな風に持つこともできます。

中身に合わせてカサも調整

201022_north_08

ソフトキャリーケースのいいところは、中身に応じてカタチを変えられるということ。

小旅行など荷物が少ない時は、4ヶ所に付いたコンプレッションストラップをギュッとしぼって幅をスマートに。

ハードタイプのスーツケースより「旅行してます!」感が少ないので、今後増えそうな近場への旅行にも活躍してくれるはず。

201022_north_20

わが家では、県内へのちょっとした旅行にもこちらを使用しました。

1人用なら22インチを検討してもいいかもしれないですね。

Photo: きむ(ら)

ROOMIEより転載(2020.11.3公開記事)

あわせて読みたい

THE NORTH FACEの「フライウェイトトート」で、レジ袋有料化に備えてみる | ROOMIE(ルーミー)

シティでもアウトドアでも使える。多彩なシーンに対応した容量可変式のバックパックを1週間使ってわかったコト

きむ(ら)

swiper-button-prev
swiper-button-next