連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

睡眠時の明るさで太りやすさに変化が…最適な照明の明かりは

MYLOHAS

睡眠時の明るさで太りやすさに変化が…最適な照明の明かりは
Image: Shutterstock

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。

20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある眠トレ=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

13shutterstock_627054728

寝室の照明についてやるべきことは明確です。

照明をすべて消すことです。たとえ豆電球程度の明るさであっても、睡眠に悪影響を与えることが明らかになっています。

奈良県立医科大学の研究で、3ルクス以上(中央値は約9ルクス=豆電球程度)の明るさで眠っていた人は、ほぼ真っ暗な状態(3ルクス未満)で眠っていた人と比べて、肥満の割合が1.9倍多かったと報告されています。

光刺激で睡眠が浅くなり、食欲ホルモンが増えてしまったためと推察されています。

中性脂肪やコレステロール値が上昇する「脂質異常症」や「動脈硬化」になりやすいことも判明しているので、照明はできるだけ暗くしてください。

エアコンや加湿器の運転ランプが気になるときは、テープを貼って隠しましょう。

──この記事は、2019年8月13日の記事の一部を再編集して掲載しています。

Image: Shutterstock

マイロハスより転載(2020.11.1公開記事)

あわせて読みたい

女性の不調は10年遅れてくる⁉︎ 眠りの質を下げない方法とは?

眠れないときはどうすればいい? トライ&エラーで導き出した最強の快眠法

田邉愛理

swiper-button-prev
swiper-button-next