連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

1分ごはん

煮込みいらず! レンジで作る「鶏肉と大根の甘辛生姜たれ」の簡単&時短レシピ

煮込みいらず! レンジで作る「鶏肉と大根の甘辛生姜たれ」の簡単&時短レシピ
Photo: 松島徹

風邪やインフルエンザなどのウイルスが活発になる冬。年末の繁忙期に向けて、今の時期からバランスの良い食事で免疫力を高め、健康な身体づくりが大切です。

そこで、「世界一早い! 家政婦makoのずぼら1分ごはん」の著者で、アイデア料理研究家・栄養士のmakoさんに、電子レンジで作る「鶏肉と大根の甘辛生姜たれ」超時短レシピをおすすめの副菜と一緒に教えてもらいました。

「鶏肉と大根の甘辛生姜たれ」の作り方・レシピ

材料
Photo: 松島徹

材料

【材料:2~3人前、調理時間:8分】

  • 鶏むね肉:1枚(260g・ハサミで一口大に切る)
  • 大根:1/6本(150g・薄い半月切り)
  • 酒:大さじ2
  • 醤油:大さじ2
  • 酢:大さじ2
  • 砂糖:大さじ2
  • 生姜チューブ:6cm

低脂質・高タンパクなヘルシー食材の代表格である鶏むね肉は、消化を助ける酵素や免疫力アップに必要な免疫細胞の元となる栄養素を多分に含んでいます。

さらに、鶏むね肉特有の栄養素として知られる「イミダゾールペプチド」には、優れた疲労回復効果抗酸化作用があることがわかっています。

また、大根には栄養を効率よく吸収するのを促すアミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼという3つの消化酵素を含んでおり、胃もたれや胸やけの予防・解消に役立つと言われています。

すべての材料を入れたら、レンチンであっという間に完成!

手順1
Photo: 松島徹

手順は簡単な3ステップ。

まず、耐熱皿にすべての材料を入れます。

※耐熱皿は、直径約22cm程度で深さのあるものが推奨。

手順2
Photo: 松島徹

次に、耐熱皿にふんわりとラップをかけたら、電子レンジ(600W)で5分加熱します。

手順3
Photo: 松島徹

具材に火が通っていることを確認し、味をなじませるように全体を軽く混ぜ合わせたら「鶏肉と大根の甘辛生姜たれ」の完成です。

風邪予防の強い味方、長芋を副菜に

鶏肉の甘辛生姜たれと長芋のおかか和え
Photo: 松島徹

今回使用した鶏むね肉に代えて、鶏もも肉のほか、豚ばら肉や豚こま切れ肉にしてもおいしく作ることができます。さらに、野菜も大根のほかにカブや人参を使うなど、さまざまなアレンジが可能です。

また、相性のいい副菜としては「長芋のおかか和え」が挙げられます。

【材料:2~3人前、調理時間:2分】

  • 長芋:10cm(200g)
  • 醤油:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • かつお節:小2袋

【作り方】

ひげ根を取り除き、皮をむいた長芋をポリ袋に入れて叩いたら、醤油・砂糖・かつお節を加えてよく混ぜ合わせる。

長芋にはタンパク質の消化と吸収を促進する作用があるため、高タンパクの鶏むね肉との相性は抜群。

また、のどや鼻の粘膜の働きをサポートし、ウイルスの侵入を防ぐ効果もあるので、風邪予防として冬に積極的に摂りたい食材の1つと言えるでしょう。


今回makoさんが紹介してくれた主菜と副菜は、いずれも1分の手間で作れる超時短レシピ。忙しい平日の献立や料理初心者のレシピとして、ぜひお試しください。

>>連載コラム「1分ごはん」の記事一覧はこちら!

mako:超カンタン料理研究家・アイデア料理研究家

makoさん

栄養士とフードコーディネーターの資格を持つフードクリエイター。3時間で30品つくりおき料理を完成させる“超速ワザ”が注目され、「沸騰ワード10」や「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)などに出演。料理のアイデアを考えるのが得意で、自身の経験と組み合わせ、誰でもおいしくつくれるレシピを提案している。

あわせて読みたい

煮込み不要!レンジで作る「豚肉と白菜の重ね蒸し」のほったらかしレシピ

オーブントースターで簡単に! 「鮭の海苔マヨ和え」の超時短レシピ


Photo: 松島徹

ライフハッカー[日本版]編集部 水野

swiper-button-prev
swiper-button-next