連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

この秋新登場のGalaxy S20 FE、Pixel 5、Pixel 4a。お買い得はどれ?

  • カテゴリー:
  • TOOL
この秋新登場のGalaxy S20 FE、Pixel 5、Pixel 4a。お買い得はどれ?
Image: Jack Skeens/Shutterstock

最近、Pixel 4a(5G)とPixel 5が発売されました。どちらも、もちろん、すばらしいスマホですが、明らかにミッドレンジのデバイスです。

新発売のPixelの購入は、最近アメリカで発売されたSamsungのミッドレンジのスマホSamsung Galaxy S20 FEと比較検討してからでも遅くありません。

SamsungのGalaxy S20 FEは、Googleの現在のベストモデルであるPixel 5とアメリカでは同じ価格ですが、よりパワフルなスマホです。

しかも、アメリカではPixel 5が10月29日Pixel 4a (5G)が11月まで待たないと購入できないのに対して、Galaxy S20 FEは今すぐ購入できます

しかし、果たして、Galaxy S20 FEは、あなたにとってベストなスマホでしょうか。

注)日本では2020年10月15日にPixel 4a (5G)とPixel 5が発売されました。その時点で、Galaxy S20 FEの販売は未定です。

Galaxy S20 FE、Pixel 4a (5G) 、Pixel 5を比較する

本題に入る前に一言。スマホの良さは、スペックだけ見て判断すべきではありません。

実際に使ってみると、バグが多かったり、本体が膨張したり、他にも何かとても使いにくい理由があったりするので、ユーザーエクスペリエンスが大変重要です。

ハードウェアはもちろん重要ですが、判断材料の一部にすぎません。

ディスプレイ

  • Samsung Galaxy S20 FE:6.5インチFHD+スーパーAMOLED、HDR10+(407ppi)、120Hzリフレッシュレート
  • Google Pixel 4a (5G):6.2 インチFHD+ OLEDディスプレイ、HDR (413 ppi)、60Hzリフレッシュレート
  • Google Pixel 5:6.0 インチFHD+OLEDディスプレイ、HDR(432 ppi)、最大90Hzリフレッシュレート

分析:サイズ(上記に記載されていませんが)に関しては、Samsung Galaxy S20 FEは、3つの中で一番縦長になります(Pixel 4a5Gは6.1インチ、Pixel5は5.7インチ、Samsung Galaxy S20 FEは約6.3インチ)。

この点が気になるなら、Pixel 5より1インチぐらい大きい感じになります。大きいスマホが欲しい人には、これは重要なセールスポイントになるでしょう。

ディスプレイを比較すると、最も興味深い違いは、リフレッシュレートです。Galaxy S20 FEは、バターのように滑らかに120Hzまで達します。

もちろん、これによりバッテリーの寿命は少し短くなりますが、美しい画像になります。

一方、Google Pixel 4a(5G)のリフレッシュレートは最大60Hzで、日常使いには十分ですが、驚くほどの効果はありません。Pixel 5は2つの中間で90Hzです(そのように設定すればですが)。

3つのうちのどれが、さまざまな光の具合でも最高の色精度と使いやすさを提供するか、Galaxy S20 FEの120Hzのリフレッシュレートがバッテリーの寿命に影響を与え過ぎるかどうか、レビューが出てくるのを待って確認する必要があります。

一般に、この3つのスマホのディスプレイはどれもあらゆる操作にも適しているはずなので、私はディスプレーのスペックだけ見て、購入を決定することはしません。

バッテリー

  • Samsung Galaxy S20 FE:4,500 mAh
  • Google Pixel 4a (5G):3,885 mAh
  • Google Pixel 5:4,080 mAh

分析:スマホのバッテリー容量だけ見ても意味がありません。

問題はスマホがバッテリーをどのように使用するかです。

バッテリー容量が大きくても、より最適化された小さいバッテリーのスマホより、ハードウェアとソフトウェアがより多くの電力を消費するなら、あまり意味がありません。

こうしたバッテリー容量を示す数字は確かに興味深いデータであり、Galaxy S20 FEはおそらくPixel4a(5G)よりもバッテリーが長持ちするだろうと合理的に結論付けることができますが、スマホが実際に作動するのを見るまで、確信できません。

また、新しいPixelにはGoogleの「Extreme Battery Saver」モードがあることを思い出してください。

この機能により、重要なアプリを使用する際は、Pixel はSamsungのスマホより速度が遅くなり、時間がかかるかもしれません。

プロセッサー

  • Samsung Galaxy S20 FE:Qualcomm Snapdragon 865 (5Gモデルでは)
  • Google Pixel 4a (5G):Qualcomm Snapdragon 765G
  • Google Pixel 5:Qualcomm Snapdragon 765G

分析:結論はシンプルです。

Samsung Galaxy S20 FEは、Qualcomm Snapdragon765Gよりもはるかに優れたグラフィックパフォーマンスを提供する優秀なプロセッサーを搭載しています。

スピードが必要な場合は、Samsungがお勧めです。

Googleのスマホもかなり良いので、日常使いには問題ありませんが、ヘビーゲーマーだと、Galaxy S20FEの方が将来的にも安心して使用できると思うかもしれません。

スマホのカメラしかビデオ撮影の手段がない場合は、理論的にはGalaxy S20FEで8Kビデオも録画できます。

メモリ

  • Samsung Galaxy S20 FE:6GB (LPDDR5)
  • Google Pixel 4a (5G):6GB (LPDDR4x)
  • Google Pixel 5:8GB (LPDDR4x)

分析:Pixel 5のメモリーが他よりわずかに多いですが、ほとんど違いに気づかない程度でしょう。SamsungのGalaxy S20 FEの方が、技術的に高速でメモリーの燃費も良いからです。

しかし、細かいことを言うと、この3種のスマホのプロセッサーの違いにむしろ注目すべきです(Galaxy S20 FEのメモリーが8GBまで増えても、私は気にしないと思います)。

ストレージ

  • Samsung Galaxy S20 FE:128GB (マイクロSDカード用スロット付き)
  • Google Pixel 4a (5G):128GB
  • Google Pixel 5:128GB

分析:これは誰にとっても共通事項ですが、重要な違いが1つあります。

Samsung Galaxy S20 FEは、128GBを超えるスペースが必要な場合、microSDカードを挿入できますが、GoogleのPixelにはSDカード用のスロットが無いので128GBが上限になります。

128GBは、ほとんどの人には十分なスペースであり、Googleフォトなどのクラウドストレージをうまく利用して、大容量を消費する画像や動画をデバイスに保存しないようにしていれば、問題はありません。

とは言え、この点では、Galaxy S20 FEに軍配があがります

リアカメラ

  • Samsung Galaxy S20 FE:12MPワイド (f値1.8)、12MPウルトラワイド(f値2.2)、8MP望遠(f値2.4)
  • Google Pixel 4a (5G):12.2MPワイド(f値1.7)、16MPウルトラワイド(f値2.2)
  • Google Pixel 5:12.2MPワイド(f値1.7)、16MPウルトラワイド(f値2.2)

分析:望遠カメラはどのくらいの頻度で使用しますか。私はめったに使いません。

とは言え、Samsung Galaxy S20 FEには望遠カメラの機能(3倍光学ズーム)が搭載されており、これは、Googleが考案したあらゆる種類のデジタルズームを上回っているかもしれません。

これまで通り、写真のクオリティは、各カメラを使ってさまざまな環境で各複数のショットを撮った人たちのレビューを見てから、評価したほうが良いでしょう。

スペックだけ見ると、Samsungのセットアップに間違いなく軍配が上がります。

ただし、Googleがカメラのソフトウェアの機能にどれだけ威信をかけているか考えると、Googleの楽しい新機能(「シネマティック撮影」、「ポートレート モード」、「夜景モード」など)を実際に試してみるまでは、新しいAndroidを注文しないかもしれません。

キラー写真を撮れることが次に購入するスマホの最も重要な要件なら、ミッドティアの勝者を選ぶためには、もう少しエビデンスが必要かもしれません。

前面カメラ

  • Samsung Galaxy S20 FE:32MP (f値1.8)
  • Google Pixel 4a (5G):8MP (f値2.0)
  • Google Pixel 5:8MP (f値2.0)

分析:メガピクセルがすべてではありませんが、Samsungの自撮りカメラは、これまでにないほど、わずかな光もたくさん取り込むことができ、GoogleのPixelの4倍のピクセル数をサポートしています。

Googleがこの技術的なギャップを克服するためには、決め手になるもの(夜景モードでのポートレートショットなど?)が必要でしょう。

動画録画

  • Samsung Galaxy S20 FE:60fpsで4Kまで(手振れ防止機能を使うと30fps)
  • Google Pixel 4a (5G):4K (60fps)、1080p(30fps)
  • Google Pixel 5:4K (60fps)、1080p(240fps)

分析:Samsung Galaxy S20 FEのスローモーション機能に関する情報は見つかりませんでしたが、少なくとも、毎秒480fpsで撮影できると思います(その後、 960fpsまでコンバートされるのかもしれません)。

これはGoogleが提供するものよりも少し優れていますが、その点を除けば、ビデオ録画の解像度とフレームレートはどのスマホも同じです。

価格

  • Samsung Galaxy S20 FE:アメリカでは700ドル(日本での発売は未定)
  • Google Pixel 4a (5G):アメリカでは500ドル(日本では60,500円)
  • Google Pixel 5:アメリカでは700ドル(日本では74,800円)

分析:私なら、SamsungのGalaxy S20 FEがPixel 4a(5G)より概して優れているとして、次のような但し書きを付けます。

すなわち、より優れたディスプレイと、より高速なプロセッサーとメモリーを備え、カメラの数が他のスマホより多く、キラーセルフィが撮れるカメラを搭載しているスマホなら、値段は他のものより恐らく200ドルぐらい高くなるでしょう。

予算が一番の懸念事項であり、スマホは日常生活で普通の使い方しかしないなら、上記のスペックは「あったら嬉しいアップグレード」ではありますが、私なら200ドルも多く払ってまで手に入れたいとは思いません。

Galaxy S20 FEが700ドルではなく600ドルで手に入るなら、もう少し買う気になるかもしれません。

この記事を執筆している時点で、割引されているようです(割引が見つからないときは、Samsungのスマホは発売後に価格を下げる傾向があるので、しばらく購入を控えて様子をみましょう)。

OSアップデートのレベルで選ぶならGoogleのスマホ

仮に、Samsungのスマホが他のスマホより100ドル高かったらどうでしょう。ユーザーに提供するリーズナブルなアップグレードの割には高くない気がします。

しかし、それでもPixel 4a(5G)よりも高価なので、予算と相談して決めてください。ただし、SamsungがGoogleのスマホに合わせて値段を下げたら、Samsungを選びましょう。その際は、注意点が1つあります。

GoogleのPixelは非常にクリーンなバージョンのAndroidオペレーティングシステムを実行しており、セキュリティに関しても主要なOSアップデートに関しても最前線にいます。

Sumsungのスマホは、それと同じレベルに達するまでしばらく時間がかかるでしょう。 新機能満載のスマホを誰よりも先に手に入れたい人は、その点を覚えておく必要があります。

Pixel 5とSumsungを比較すると、この2つはアメリカでは同じ価格で発売されたので、さらに接戦になります。すべてを考慮すると、私ならSamsungのGalaxy S20 FEを選びます。

一般的に、Googleのスマホよりはるかに優れたハードウェアが手に入るからです。

選ぶときの注意点

気になる注意事項は(アップデートのこと以外に)あと2つあります。

1つ目は、Googleのソフトウェアの強化が写真のクオリティにどの程度影響を及ぼすかまだわかっていないことです。

Samsungはスマホのハードウエアに少しプラスしているものがあるかもしれませんが、「ある」というだけは何の意味もありません。

誰もが両方のスマホを並べて比較できるようになるまで、私ならどちらかが勝っているか決められません。写真の機能に特に重点を置くなら、もうしばらくたってから購入を決めます。

2つ目は、どちらのスマホも動作しているところを見たことが無いので、バッテリーの寿命を評価できないことです。

Samsungのスマホの方が充電速度は速いですが(SamsungとPixelがそれぞれサポートしているアダプターを使用すると、最大で25 W対18 Wです)、ビデオやゲームも含めて、毎日あるいは頻繁にスマホを使用する場合、どちらのデバイスがどのように勝っているか、まだわかりません。

また、GoogleのPixel独自の「Extreme Battery Saver」モードがどのように機能するかも見ていません。

1つか2つのアプリだけに限らないと、スマホのスピードはかなり遅くなりそうです。

上述のことを一切気にしないなら、スペック的にはSamsungのスマホがGoogleのスマホより優れています。100ドル安く買えるならなおさらです。

この記事がスマホを買うときの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

GoogleがAndroidの最新セキュリティパッチを公開。解決されるバグは?

AndroidとWindowsパソコンをワイヤレスで接続する方法


Image: Jack Skeens/Shutterstock

Source: Android Authority, Samsung, Android Central

David Murphy – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next