連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

改めて知りたい、植物の水やりは早朝がベストな理由

改めて知りたい、植物の水やりは早朝がベストな理由
Image: Shutterstock

広大な庭園であれ、窓際の鉢植えであれ、適切な水やりは、植物を育てる上で最も基本的なことの1つです。

では、植物にいつ水をやればいいのでしょうか?

水やりのタイミングは重要?

植物が最も水を求めているのはいつ?

ガーデニングの専門家によると、水をやるのに理想的な時間帯があり、それは「朝」なのだそうです。今回は、屋内、屋外における水やりのタイミングについて抑えておくべきポイントを紹介します。

屋内植物

人間と同じように、植物も朝は喉が渇いています。 The Sillによると、その理由は次のとおりです。

太陽がパワー全開で輝き、水分を奪っていく前に、植物たちは水を溜め込んでおく必要があります。

朝の時間帯に水をやるのは、日光が理想通りに当たらない植物にも有効です。

朝から夕方の間に何時間か当たる日差しが水分を蒸発させ、植物がぬかゆみに長時間浸かっている状態を防ぐことができます。

エアープランツなど、霧吹きによる水やりが必要な植物を育てている場合は、朝と夕方に水をやることをThe Sillは勧めています。

屋外植物

同じく、屋外の庭や花壇の植物にも、朝に水をやることで、一日を迎える準備を助けることができます。

以前米Lifehackerでも紹介したように、特定の種類の屋外植物は、ソーカーホースや点滴灌漑(てんてきかいがん)で、根元に水をやるとうまくいきます。

Reader’s Digestで Luke Miller氏が指摘しているように、屋外の植物に根元ではなく葉の上から水をやる場合も朝が最適です。

葉についた水滴が日中の太陽で蒸発するからです。夜の間、葉に水滴がついた状態でいると、病気にかかりやすくなります。

Miller氏は、植えて1年目の植物と野菜も朝に水をやるのがよいと言っています。こうした植物は一般に根が浅く、地中深くにある水分にアクセスしづらいからです。

屋外の鉢植えにも、同じく朝に水をやるのが理想的です。

ただし、暑い夏の間は十分な水分を与えるために、朝と夕方に水をやる必要があるだろうとMiller氏は言っています

当てはまらない植物

もっとも、あまり水を与えなくてもよい多肉植物やサボテンには当てはまらないということです。

屋外植物を新しく植えた、あるいは植え替えたばかりの場合、最初に水を多めに与える必要があるだろうと Miller氏は言っています

新しく植えられた植物は、しっかりと根が張るまで、多めに水を与えましょう。

根覆いで土壌の水分が蒸発しないようにし、ゆっくりと地中深くまで水を行き渡らせます。

そうすることで、植物の根が土壌の浅いところではなく、地中深くまで伸びるよう手助けすることができます。

移植ゴテを使って土の中の水分をチェックしてください。

表面から2インチまでの土が乾燥している場合は、植物が水ストレスの兆候を見せているかどうかにかかわらず、水をやる必要があります。

屋内植物でも屋外植物でも、水をやるのを忘れたり、スケジュール通りに水やりができない場合は、スマートフォンやアプリでリマインダーをセットするとよいでしょう。

あわせて読みたい

日照り続きでも植物を外で元気に育てる5つのコツ

最低限の手間で上手にハーブを育てるコツとおすすめハーブ4種

観葉植物をうまく育てるための基本知識|初心者が育てやすい種類は?


Image: Shutterstock

Source: The Sill, Reader’s Digest

Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next