連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ユニークな無料メモアプリ5選。チャット風、視覚的にグループ分けも

  • カテゴリー:
  • TOOL
ユニークな無料メモアプリ5選。チャット風、視覚的にグループ分けも
GIF: ライフハッカー[日本版]編集部

スマホやコンピュータの普及により、紙のノートにメモを取る機会がめっきり減りました。

では、数あるメモアプリの中で、どれを選ぶのが自分にとってベストなのでしょう。それは、あなた自身がどんな機能を求めているかによって異なります。

この手の議論は、たいてい「OneNote vs Evernote」の戦いにもつれ込みます。

でも、どちらも自分には合わないというあなたのために、この記事ではチャット風のインターフェースやビジュアル空間を用いたシステム、スピードなど、さまざまな面においてユニークなアプリを紹介したいと思います。

1. InstaNote(Android・iOS):スレッドやリマインダー機能もあるチャット風メモアプリ

InstaNote


InstaNote


InstaNote

WhatsAppやWeChatに慣れた世代向けのメモアプリです。

メッセージアプリを連想させるインターフェースになっており、テキストメッセージを送る要領でメモを追加できます。自分と話すためのチャットアプリと思うとしっくりくるでしょう。でも、それだけじゃないんです。

少し使えばわかるように、このアプリには驚くほど多くの機能が組み込まれています。

メモは文字だけでなく、音声でも記録できます。音声メモには短いキャプションによるタグ付けが可能で、あとで検索するときに便利です。

ホワイトボード機能では、落書き、スマホから画像を追加ファイルの追加などができます。それらすべてが検索できるのもポイント。優れもののフィルターを使うことで、探しているメモがすぐに見つかります。

リマインダーも便利です(1回だけ、または反復するなどの設定が可能)。また、メモにスターを付けておけば、あとでアクセスしやすくなります。

友達とメモを共有したければ、Roomを作って、メールで友達を招待できます。InstaNoteの使用には登録がいるものの、無料で制限なく使えるのが嬉しいところ。

パッと見では不安を感じるかもしれませんが、実際使ってみると、無料のメモアプリの中ではピカイチの機能性を持っていることがわかります。日常的に自分宛てに短いメモを送りたいという人は、試してみて損はないでしょう。

ダウンロード:InstaNote Android版iOS版(無料)

2. Nute(Web):手早くメモを取るための最小限のブラウザツール

メモアプリNute

メモアプリNuteは、シンプルでミニマリストなプログレッシブウェブアプリ(PWA)です。立ち上げると白紙のページが開き、すぐに書き込むことが可能です。

すべての入力がブラウザキャッシュに保存され、アプリを閉じても消えません。データを失わないよう、キャッシュのクリアには気を付けましょう。

軽量で読み込みが速く毎日でも使いたいサインアップ不要の便利なウェブサイトの1つといえます。広告も追跡もなく、今後もずっと無料提供を続けると開発者は述べています。

データはすべてローカル保存かつ登録不要なので、デバイス間の同期はできません。

リッチテキスト形式やハイパーリンクには対応していません。シンプルなテキストエディターと考えるなら、Windowsのメモ帳アプリのようなものでしょうか。

違いは、ブラウザで動くことと、自動ですべてが保存されることくらいです。もちろん、いつでも入力内容をテキストファイルとしてダウンロード可能です。

3. Nototo(Web):デスクトップ風にアレンジされたビジュアルノート

Nototo

人間の視空間記憶能力は驚異的であるというのが、Nototoの主張です。

通常のメモアプリはすべてをリスト化しますが、Nototoはそれをデスクトップなどのバーチャル空間に拡張します。メモをグループ分けし、それらを自分の目で見てわかりやすいように並べ変えることができるのです。

その基礎となるのがNote Block(ブロック)と呼ばれるもので、コンピュータ上のテキストファイルのような見た目をしています。

ブロックは、動かしたり、サイズ変更したり、色を変えたりできます。ブロックを集めるとTerrain(地形)になります。これは、カテゴリーに相当する概念です。地形の境界には「山」があり、これはデータセットを視覚化したものです。

地形やブロックは、思いのままに移動、サイズ変更、拡大などの操作が可能です。これらを駆使することで、空間的制約を心配することなく、自分の意に沿うようにメモを整理できるのです。

使い続けていると、気づかぬうちにメモの場所を記憶しており、データを見つけやすくなっているでしょう。

気になる方は、こちらでNototoのHelicopter Prison Escapesをお試しできます。新感覚のメモアプリを、ぜひご体験ください。

ビジュアルを活用してメモの記憶を強化する、自由度の高いウェブアプリ【今日のライフハックツール】

4. Teria(Android・iOS):独自の機能が満載、シンプルで効率的なメモアプリ

Teria


Teria


Teria

アプリの使いやすさは、小さいことの積み重ねが大きな違いにつながります。Teriaは一見すると他のメモアプリと変わりありません。でも、ある小さい部分が異なります。

アプリを立ち上げると新規メモが開き、すぐに書き込める状態になっているのです。これが大きな違いにつながります。

メモアプリを立ち上げる理由の大半は、今すぐ新しいメモをとりたいからではないでしょうか。既存のメモに追記したいケースはほとんどありません。

Teriaでは、たった1回のタップが減るだけで、メモを手早くシームレスに書き始められるので、効率が大きく向上します。非常にシンプルなことですが、それだけでもこのアプリを使う価値があります。

Teriaには、ほかにもユニークな機能がたくさんあります。たとえば、ビルトインのStreakモードでは、毎日メモを書く習慣を付けられます。

一覧表示以外にも、作成日に応じてカレンダー上にメモを並べることも可能です。これは、他のアプリでは見られない機能です。

リッチテキストに対応しており、太字、下線、斜体などの装飾が可能です。フルテキストを検索してくれるので、タイトルだけでなく文章の中身も含めた検索ができます。

カスタマイズも可能です。Streakモードをオフにしたり、メモの目標ワード数を設定したり、起動時に新規メモを開きたくなければ、そうしないようにすることもできます。

ダウンロード:Teria Android版iOS版(無料)

5. The Zttelkasten Method(Web):いま再び注目、古くからあるノート作成術

メモアプリ、The Zttelkasten Mehod

多作家として知られる社会学者ニクラス・ルーマンは、Zettelkastenメソッドと呼ばれるノート作成方法のおかげで、30年のうちに70冊の本を書きました。

この手法が最近になって生産性の専門家に再注目されており、いくつかのブログで詳細に説明されています。

ルーマンは、半分の紙を意味する「zettel」にメモを取ることを習慣にしていました。その背景には、メモはその紙に収まる程度でなければならないという思想があります。

つまり、デジタルでメモを取るときも、同じような制限をかける必要があるということです。でも、このメソッドのさらに重要なポイントは、メモを有機的につなぐナンバリング方法にあります。

有機的ナンバリングにより、各話題を順番よりも直感的な方法で思い出すことができるように、メモ同士をスマートにつなぐことができます。任意のメモ同士の相互参照ができるため、アイデアの統合や派生も自在です。

軽い紹介ならZapierの記事、詳細な解説はLess Wrongの記事がオススメです。上記3つの記事はどれも、このシステムについてわかりやすく解説しています。

メソッドを理解したら、さっそくEvernote、OneNote、Google Keep、SimpleNoteなどのアプリで試してみましょう。

相互リンクをうまく使った専用アプリも出ています。有名なものはRoam Researchですが、有料です。無料のもので始めるなら、Zettlrがいいでしょう。

無料で軽いメモアプリ

どうでしょう。あなたにぴったりのアプリは見つかりましたか? 見つからなくても、OneNoteやEvernoteに急いで戻る必要はありません。

ほかにも、無料で軽量のメモアプリはたくさん出ています。SimpleNoteTurtlあたりはいかがでしょう。いろいろ試して、お気に入りのアプリを見つけてください。

あわせて読みたい

iPhoneやiPad、Apple Watchでリマインダーアプリをもっと使いこなす方法

Android版AirDrop機能「Nearby Share」で、確認しておくべき設定

Image: MakeUseOf

Original Article: 5 Unique Note-Taking Apps to Organize Ideas and Quickly Jot Thoughts by MakeUseOf

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next