連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

GoogleのスマホPixelで、写真をきれいに編集する最新機能を使うには

  • カテゴリー:
  • TOOL
GoogleのスマホPixelで、写真をきれいに編集する最新機能を使うには
Image: Shutterstock

この秋、発売されたGoogleの最新スマホPixel 5Pixel 4a(5G)を買おうか迷っているなら、Pixel 4a(5G)とPixel 5の「ポートレートライト」と呼ばれる機能が、今、旧世代のPixelシリーズにも展開中であることはご存知でしょうか。

私のGoogle Pixel 3XLでこの機能を起動してみたところ、ポートレート画像の光源を人工的に微調整できる優れたツールであることがわかりました。

ポートレートライト機能が使える条件は?

まず、最新バージョンのAndroid(Android 11)とGoogleフォトアプリ(直近のアップデートは2020年10月19日)を使っていることを確認しましょう。

次に、「ポートレートライト」のアプリを起動したら、自分のデバイスで撮影したポートレートモードの写真を準備します。SamsungやiPhoneなど他社のスマホで撮影した写真でもOKです。

ただし、Googleのスマホは何らかの理由でiPhoneの「ポートレートモード」を使用して撮影された画像だと、顔の画像として認識しません。

一方、iOSで普通に自撮りした写真や、Pixel 3XLやSamsung Galaxy Note 20で自撮りした写真や「ポートレート」写真だと、問題なく顔を認識しました。

また、「ポートレートモード」で撮影した写真というだけでは明るさの調整はできません(ややこしいですが、「ポートレートモード」と「ポートレートライト」は別のものです)。

たとえば、背景をぼかして撮ったお気に入りの植物の写真は、Googleのスマホで明るさの微調整はできません。Android Policeが報じている通り、「ポートレートライト」は人間の顔の写真のみ編集できる機能です。

写真に人間の顔がはっきりと含まれていることが大切です。

その点さえ満たしていれば、きちんとしたポートレートであろうと、全身の写真であろうと、複数の人物が映っている写真であろうと構いませんし、顔が正面を向いていても斜めの角度であっても構いません。

GoogleのAI / MLがポートレートライト機能を使える写真かどうか判断するので、この機能が使えないと判断された写真に関しては、諦めるしかありません。

そのような点を別にすれば、撮影した写真の中の顔の明るさの調整は、非常にシンプルな(そして楽しい)作業です。

ポートレートライト機能の使い方

  1. Googleフォトで顔写真を開きます。
  2. 画面下部にある3つのスライダーのように見える「編集」アイコンをタップします。
  3. 少し右にスクロールして「調整」タブが表示されると、「ポートレートライト」という新しいオプションが表示されます。

これが表示されない場合は、残念ながらその写真は「ポートレートライト」機能の対象外ということになります。

ポートレートライト機能
Screenshot: David Murphy

4.「ポートレートライト」をタップして写真の上に円が出てきたら、それを動かして人工的に光を当てる方向を選択できます。

5.画面下部のスライダーを使用して、人工的な光の強度を調整できます。

Googleフォトにポートレートライト機能を操作させてベストなポートレートにしたいときは、「自動」をタップします。

ポートレートライト機能
Screenshot: David Murphy

あとは、満足できる結果になるまで明るさを調整して、「完了」をタップして編集したばかりの画像のコピーを保存するか、終了する前にさらに編集を行うだけです。

そういう操作をするのが億劫なときは、「提案」から「ポートレート」を選択すると、写真の明るさをすばやく調整して、背景をぼかせることもわかりました。早くて簡単ですし、結果はかなりの出来栄えになりますよ。

あわせて読みたい

この秋新登場のGalaxy S20 FE、Pixel 5、Pixel 4a。お買い得はどれ?

AndroidとWindowsパソコンをワイヤレスで接続する方法

Image: Shutterstock

Screenshot: David Murphy

David Murphy - Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next