連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Chromeの「タブスクロール」機能をいますぐ試す方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Google Chromeの「タブスクロール」機能をいますぐ試す方法
Image: IB Photography (Shutterstock)

Chromeに新しいタブ管理機能が追加されることになりそうです。この「タブスクロール」機能をいますぐ試すには、Chrome Canaryが必要になりますが、わざわざインストールする価値は十分にあります。

この機能をオンにすると、Chromeの上部に表示されるタブストリップを、ウィンドウの「範囲外」にも広げることができます。

Chromeでタブを次々と開いていくと、ひとつひとつのタブが小さく圧縮されて、すごくごちゃごちゃしてしまいます。ところがこの機能を使うと、新しく開いたタブが、スクロール可能なストリップに大きく表示されるようになります。

ストリップをスクロールするには、その端に表示されている小さな3点アイコンをクリックします。

従来の表示のしかたよりも、こちらのほうがずっとエレガントですが、いかんせんまだベータ版なので、安定版のChromeにロールアウトされる前に変更される可能性もあります。

タブスクロール画面
スクロール可能なタブストリップは、Chrome Canaryにこのように表示されます
Image: Brendan Hesse

Chrome Canaryについて説明しておきましょう。Chrome CanaryはChromeの別バージョンで、Googleはこれを試験場として活用し、実験段階にあるさまざまなChrome機能をテストしています。

こうした機能のなかには、一般ユーザー向けのChromeには装備されないものもあります。ですが、タブスクロールはFirefoxをはじめとする多くのライバルブラウザーで標準機能になっています。

このことを踏まえると、近い将来、この機能がChromeのアップデートに組み込まれる可能性は十分にあると言えるでしょう。

とりあえずそれまでは、この機能をChrome Canaryで試してみましょう。こちらがその手順です。

  1. Chrome Canaryをダウンロードしてインストールします
  2. Chrome Canaryを開き、chrome://flags/へ行きます。
  3. #scrollable-tabstripを検索します。
  4. ドロップダウンメニューを使ってScrollable TabStripを有効にします。
  5. RelaunchをクリックしてChrome Canaryを再起動し、設定の変更を適用します。

米Lifehackerはこの機能を2台のWindows 10パソコンで試してみましたが、結果は大きく分かれました。

1台は問題なくタブスクロールを有効にできましたが、もう1台はブラウザークラッシュが頻発しました。ベータ版のソフトにムラやバグはつきものですが、それでもイライラさせられることに変わりありません。

もしうまくいかなければ、#scrollable-tabstripを無効にしましょう。または、とりあえず普通のChromeに戻りましょう(先日、新機能がいくつか追加されました)。

あわせて読みたい

iPhoneとiPadのデフォルトブラウザをGoogle Chromeに変更する方法

おすすめGoogle Chrome機能拡張12選。仕事をスムーズに進める、便利な機能も

Image: Shutterstock

Screenshot: Brendan Hesse

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next