連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

GoogleがAndroidの最新セキュリティパッチを公開。解決されるバグは?

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
GoogleがAndroidの最新セキュリティパッチを公開。解決されるバグは?
Image: Shutterstock

先日Googleは、10月分のAndroidのセキュリティパッチを配布しました。

この定期アップデートは、すべてのAndroidデバイスに配布されます。目的は、OS全体に関わるセキュリティバグ対策です。加えて、今月のパッチは、Android 11を使っているPixelデバイスのバグ修正も多数含まれています。

例えば、Pixel 4aの場合、8月に発売されたばかりですが、LEDや輝度の高い電球などで室内が明るい時に、明るさの自動調節が遅れたり、正確でなかったりするバグが報告されています。

Pixel 4aの照光センサーは何か問題があるようです。これは加工していない照度計アプリですが、私のスマホ(左)はなぜか大きく変動しています。

また、スマホに保護フィルムを貼っていると反応が悪いというユーザーもいます。

パッチが適用されるモデルは?

2020年10月のセキュリティパッチをインストールすると、この2つの問題に加えて、他にもいくつかの問題が軽減されるはずです。

Googleの毎月のアップデートでは、Qualcommの深刻な6つの問題を含む、多数のセキュリティの不具合も解決するので、すぐにダウンロードしない理由はありません。

また、Googleはマイナーな苦情にも対応しているので、以下の対応するPixel端末を使っている人は、アップデートをインストールした方がいいでしょう。パッチが適用されるモデルは、Pixel 2、3、3a、4、4a、XLです。

解決されるPixelのバグ一覧

以下が、2020年10月のセキュリティパッチで解決するPixelのバグ一覧です。(Google Supportより)

  • 特定の照明条件における明るさの自動調節の反応を改善(Pixel 4a)。
  • 画面の保護フィルムを貼った状態でのタッチ感度を改善(Pixel 4a)。
  • 特定のデバイスの向きでの画面の自動回転を改善((Pixel 3、3a、4、4a)。
  • 起動時にデバイスが固まるのを修復(Pixel 2、3、3a、4、4a)。
  • 誤って通話通知を無効にしないよう修復(Pixel 2、3、3a、4、4a)。
  • 特定のデバイスの向きで画面の自動回転アイコンが見えなくなるのを修復(Pixel 2、3、3a、4、4a)。
  • ランチャーでスワイプジェスチャーが効かないのを修復(Pixel 2、3、3a、4、4a)。

インストールされているか確認する方法

アップデートは、Android 11のすべてのPixelデバイスでまもなく適用されますが、正確な時期はデバイスやキャリアによって異なります。

この毎月のパッチは通常自動的にインストールされるので、すでにインストールされている可能性もあります。ご自身のAndroidスマホの設定から確認することができます。

  1. 設定 > 端末情報」を開く。
  2. Androidバージョン」をタップ。
  3. Androidセキュリティアップデート」の下にある日付を確認。「2020年10月5日」であれば最新のパッチ。

日付が2020年10月5日(もしくはそれ以降)であれば、上記のパッチはすでにインストールされています。

それ以前の日付の場合は、「設定 > セキュリティ > セキュリティアップデート」をタップして、手動で最新のセキュリティアップデートをダウンロードできるので、ダウンロードしたらインストールしましょう。

あわせて読みたい

Google アシスタントの音声で、Androidアプリが操作可能に

Google Meetのモバイルアプリにある、便利な機能5つ

Image: Shutterstock

Source: Google Support

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next