連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

材料はたった3つ! 超簡単に作れるナッツバタークッキーのレシピ

材料はたった3つ! 超簡単に作れるナッツバタークッキーのレシピ
Image: Claire Lower

『ブリティッシュ・ベイクオフ』の最新エピソードをボーイフレンドと一緒に見ていた時のことです。

私は彼に「私もミック・ジャガーの顔を模したケーキを作らないと。唇を大きくすればいいだけだから、きっと簡単ね」と言いました。

すると彼は「わかった。それなら、僕はここにいない方がいいな」と答えました。きっと、私が2017年に引き起こした「シナモンロール生焼け事件」を思い出したに違いありません。

『ブリティッシュ・ベイクオフ』がNetflixで配信されるたびに(ちなみにアメリカでは、この番組は『The Great British Baking Show』というタイトルで放送されています。『Bake Off』とか『GBBO』とも呼ばれています)、私のお菓子作り熱は高まります。

そして私は、この番組にインスパイアされた、決して実を結ぶことのないさまざまなプロジェクトを計画します。

といっても、私はお菓子作りがとりたてて好きというわけではありません(かかる手間ひまを考えると、割に合わないように思えてしまうのです)。

でも、クッキーやケーキ、パイなどのお菓子を食べるのは大好きです。なので『ベイクオフ』を見ていると、お菓子作りがなんだか楽しそうに見えてくるのです。

そんな私のいつものパターンは、まずは壮大な計画(人の顔を模したケーキなど)から始まります。

そして次に、その週のもう少し小さめのプロジェクトのなかから、私の好みに合うどれか1つに白羽の矢を立てます。そして次に、1時間ぐらいかけて、そのプロジェクトのレシピを調べます。

そして最終的に、それとはまったく違う、すごく簡単なプロジェクトに落ち着きます(あるいは、完全にさじを投げてしまうことも)。

バリエーション豊富な「ナッツバタークッキー」

先日、バッテンバーグ(イギリスによくある、造語っぽい響きの名前を持つケーキの1つ)のレシピを調べていた私は、3つの材料で作れるピーナッツバタークッキーのレシピを偶然見つけました。

材料はピーナッツバター1カップと、砂糖1カップ、卵1個だけで、10分で焼き上がります。

そして翌朝、Food52をブラウジングしていると、これのアーモンドバター版も見つかりました。私は思わず膝を叩いてしまいました。

だったら、ナッツ系バターなら何でもいけるのでは? 科学を信条とする私は、すぐにそう推察しました。

そんなわけで、さっそく「ピーナッツバター」「ヌテラ(ココア入りのヘーゼルナッツペースト)」「アーモンドとヘーゼルナッツ、ココアのブレンド」の3種類を使って、自作してみることにしました。

クッキーにしておいしいナッツバターはどれ?

ヌテラは失敗でした。当然といえば当然でしたが、試さないわけにはいかなかったのです(科学のために)。

生地が油っぽくなりすぎました。おまけに、焼き上がったクッキーは砂糖にまみれたカチカチのかけらと化して、ベーキングトレイにくっついてはがれませんでした。

一方、ほかの2つは大成功でした。甘くて、かみごたえがあり、縁周りはサクサク。正直なところ、たったこれだけの手間ひまの割には、驚きのおいしさでした。

おすすめのアレンジ・作る時の注意点

お好みで、生地にチョコチップやナッツなどを加えてもいいと思います。

また、加糖タイプのナッツバターを使用する場合、塩少々はマストです。小さじ1/4の細粒タイプの塩を生地に加えるか、フレークタイプの塩を生地の上にふりかけるかします。

このクッキーは横に広がりやすいので、焼く前に5分間、冷凍庫に入れておきます(ベーキングトレーにのせた状態で)。

アーモンドバター、サンフラワーシードバター、あるいはタヒニなど、どれをベースに使っても、うまくいくと思います。

ただし、オイルが分離している場合は、生地に加える前にそのオイルをナッツバターにしっかりと混ぜ込みましょう。または、分離しないタイプのものを最初から選びましょう。

ナッツバタークッキーの作り方・レシピ

材料

  • ナッツバター:1カップ(240ml)
  • 砂糖:1カップ(240ml)
  • 卵:1個
  • 塩(お好みで):小さじ1/4(細粒タイプを生地に混ぜるか、フレークタイプを後からふりかける)

作り方

1. オーブンを190℃に予熱しておきます。

2. 材料を全部(フレークタイプの塩は除く)ボウルに入れたら、卵がすっかり見えなくなって、生地全体がなめらかになるまで、木のスプーンを使って混ぜ合わせます。

3. 手で生地を大さじ1杯半サイズのボール状に丸め、油を塗っていないベーキングトレイにのせていきます。

サクサクの薄型に仕上げたい場合は、フォークで生地を上から押し、表面に網目模様を入れます。反対に、ファッジっぽい食感を楽しみたければ、丸いままの状態で焼きます。フレークタイプの塩を使用する場合は、ここでふりかけます。

4. 生地をのせたベーキングトレイを冷凍庫に5分間入れます。

5. 生地が冷えたら、薄型の場合は10分間、丸いままの場合は14分間焼きます。

6. オーブンからベーキングトレイを取り出し、そのまま2分間冷まします。その後、クッキーをワイヤーラックへ移し、完全に冷めたら、たっぷりの冷たいミルクといっしょにお召し上がりください。

あわせて読みたい

パン・焼き菓子作りの必需品〜ベーキングパウダーと重曹を代用する方法

作業時間10分!少ないイーストで、ふんわりパンが大量に焼けるレシピ


Image: Claire Lower

Source: Eater, Allrecipes, Justin's

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next