連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

360度を録音! 厚さ5mmの超薄型レコーダー「Tile Rec」のキャンペーン間もなく終了

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
360度を録音! 厚さ5mmの超薄型レコーダー「Tile Rec」のキャンペーン間もなく終了
Image: MikestarLLC

会議での議事録作成、インタビューなど、仕事で録音が必要という人も多いはず。もちろん、スマホでも十分録音はできるのですが、完璧ではありません。雑音が入ったり、声が小さかったり、あとでトラブルの元になります。

現在machi-yaでクラウドファンディング中の超薄型レコーダー「Tile Rec」は、スマホのレコーダーに満足できていない人に勧めるアイテム。音をクリアに保存し、スマホやパソコンにもデータを共有できるTile Recの特長を早速みていきましょう。

360度の音をバランス良くクリアに拾う

20201006-tilerecr02

スマホで録音すると、そのクオリティが低すぎて心配になることが多々あります。音源を再生するときは、録音できているかドキドキしながら聞くのではないでしょうか? Tile Recが最も優れているのが、この音質です。特に、周囲360度全方向の音を同じ感度で録音するために、人によって声の大きさが異なることもありません。バランス良く音を拾ってくれるんです!

驚きの超ミニサイズ

20201006-tilerecr03
Image: MikestarLLC

Tile RecはApple Watch(40mm)とほぼ同じサイズ。薄さも5mmと超薄型です。胸ポケットに入れたり、ノートの間に挟んだり、あまり目立たせたくないシーンでも使いやすいでしょう。従来のレコーダーと比べると、薄くて小さいことがよくわかるはず。当然、スマホよりも圧倒的に小さいです! 頻繁に使うものではないからこそ、小さくて持ち運びやすいのはありがたいですね。

2つの録音モード

20201006-tilerecr04
Image: MikestarLLC

スイッチを押して録音をスタートするのが、スマホのレコーダー。でも、スタートボタンを押すのを忘れてしまうことはありませんか? Tile Recは、ボタンをスライドして録音するモードと、音を拾うと自動でスタートするモードの2種類を用意。後者のモードをオンにしておけば、録音のし忘れもグッと減るでしょう。

145時間分保存できる大容量

20201006-tilerecr05
Image: MikestarLLC

何度もデータを削除することなく、繰り返し録音できます。また、充電が途中でなくなった場合でも、そこまでのデータは自動で保存するので、データが消えてしまう心配もありません。また、あくまでも録音に特化しているので、再生するためのスピーカーはついていません。USBケーブルで、パソコンやスマホ(Android)に接続して再生する必要はあります(iPhoneには未対応)。

Tile Recのキャンペーンは残りわずか。通常価格17,600円のところ、15%OFFの14,960円(消費税・送料込み)で支援が可能です。スマホのレコーダーでは頼りないと言う人は、検討してみてはいかがでしょうか?

>>360度をバランスよく自動録音。超薄型レコーダー

Image: MikestarLLC

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next