連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ジェフ・ベゾスがAmazonで「社員採用」の基準とする3つのポイント

ジェフ・ベゾスがAmazonで「社員採用」の基準とする3つのポイント
Image: Sandry Photography/Shutterstock.com

Amazonの共同創設者兼CEOのジェフ・ベゾス氏は世界最大の資本家です。彼の経済的成功を扱う記事は無数にありますが、その成功の鍵の1つであるAmazonの人材採用の仕方については、あまり取り上げられていません。

ベゾス氏は、Amazonの株式公開直後の「株主への手紙」で、「我が社の採用アプローチの基準を高く設定することが、Amazon.comの成功の唯一の最重要要素であり、今後もそれは変わりません」と説明しています。

Amazonの仕事に応募する人は期待値が高いことを理解する必要があります。ベゾス氏自身も「ここで働くのは楽ではない」と認めています

Amazonは、今後数カ月のうちに米国とカナダで10万人以上の社員を雇用する準備をしているので、仕事を探している人は、この企業がどのような資質を求めるか知っておいた方が良いでしょう。

ベゾス氏と彼の採用チームは、1998年の最初の株主への手紙で述べた、3つの広範な質問を通してどの候補者を採用するか検討しています。

1. 称賛できる人物か?

ベゾス氏は、単に有能なだけではない人を求めていると語っています。

私はいつも、称賛できる人とだけ仕事をするように本気で心がけてきました。

これまでの人生で称賛した人たちのことを思い出してみると、学ぶところがある人たちだったり、模範にできた人たちかもしれません。

ベゾス氏がインタビューで指摘した称賛できる人物像は「まさにその通り」ですが、聞き上手であり、柔軟に考えを変えることができる人たちでもあります。

ベゾス氏は次のように述べています

すでに解決済だと思っていた問題を改めて考え、常に自分の理解を見直している人たちこそ最も賢明な人たちです

そうした人たちは、新しい視点、新しい情報、新しいアイデア、矛盾、自分の考え方への異議を受け入れます。

採用面接では、たとえば「戦略を変えるきっかけとなったフィードバックをもらったときのことを教えてください」という質問で、この資質をテストします。

Amazonの仕事に応募するなら、自分は新しいアイデアを受け入れること、同僚のアイデアに対応してきたこと、採用した解決策が仲間と協力して考えた結果であることを示す必要があります。

2. グループ全体の効率を高める人物か?

ベゾス氏は組織を強化する人材を探しています。「私たちは平均化に抗いたいのです」と彼は説明しています

採用基準はどんどん高くなるべきです。

社員に5年後の会社の姿をイメージしてもらいます。その時点で、私たち1人1人が周りを見回して、「今は採用基準がとても高くなったね。やれやれ、あのとき入社できてよかった!」と言えるようであって欲しいと思います。

Amazonは採用面接に社員を審査員(「バーレイザー(採用基準を高くする人)」と呼ばれています)として参加させ、候補者が企業文化をどのように強化するか評価させます。

彼らは、その候補者がAmazonの「リーダーシップに関する14原則」にどの程度かなっているか確認するのです。

Amazonの採用面接の準備をしている人は、この原則を熟知して、自分がこの哲学にどれほど適しているかを示す逸話を用意しましょう。

採用担当者は候補者にAmazonグループ内でどのように変化を推進するか質問します。

よく使われる質問は、「変化を推進するためにどのような指標を使用しますか?」や「データが無くても決定を下さなければならなかった状況を体験したことがあるなら、そのときのことを説明してください」などです。

3. スーパースターになれる人物か?

Amazonが候補者に求める第3の資質は、「スーパースター」になる力です。

ベゾス氏は前出の株主への手紙の中で、次のように説明して、全米スペリング大会のチャンピオンをわくわくしながら採用したことを例にあげています。

多くの人は、我々全員の職場環境を豊かにするようなユニークなスキル、興味、視点を持っています。

そして、多くの場合、それは仕事とは関係がないことだったりします

ベゾス氏にとってスーパースターとは、2018年のスピーチで言及した通り、「型破り」だったり「少し先鋭的、少し反逆的」であったりします。

Amazonの「リーダーシップに関する14原則」の1つは、「リーダーは従来とは異なる考え方で、顧客にサービスを提供する方法を探し回る」というものです。

型破りな人材は、イノベーションの鍵である「新たなレンズ」を通して物事を見るはずです。

Amazonの採用担当者は候補者に次のような質問をすることがあります。

「Amazonは独特な会社です。あなたならではの特徴は何ですか?」

「ジェフ・ベゾスがあなたのオフィスにやってきて、100万ドル使ってあなたの起業家精神に富むベストなアイデアを立ち上げていいよと言ったとします。それはどのようなアイデアでしょう?」

ベストな候補者なら、何らかの形で自分がスターであることを示すでしょう。

あわせて読みたい

ビル・ゲイツやジェフ・ベゾスも実践するルーティン。朝一番にすると良いことは?

就職面接で未来の上司が良い上司かを見抜くたった一つの質問


Image: Sundry Photography/Shutterstock.com

Source: About Amazon, MSN, Signal v. Noise, Business Insider, Amazon, CNBC, YouTube

Originally published by Fast Company [原文

Copyright © 2020 Mansueto Ventures LLC.

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next