連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

瞑想が向かない人もいる。「約8%の人が悪影響を経験」という研究結果

瞑想が向かない人もいる。「約8%の人が悪影響を経験」という研究結果
Image: Shutterstock

瞑想の効果は、感覚的にも科学的にも証明されています。とはいえ、この世に誰にでも効果的な万能なものなどありません。

瞑想が原因でメンタルに支障をきたすことだって、なきにしもあらずなのです。もしその兆候があるなら、今すぐ瞑想をやめてください。やめるのに罪悪感は不要です。

瞑想が向かない人がいる

New Scientistの記事で紹介されたある論文によると、約8%の人が、不安の増大といった瞑想による悪影響を経験しているそうです。

昨年発表された別の論文では、定期的に瞑想をしている人の25%が、ときどき「瞑想に関連する不快な体験」をしていることが示されています。

もちろん、ときどき不快なことがあっても、総合的に見て価値があるという場合もあるでしょう。筆者はエクササイズをしていて、間違いなく精神的にも身体的にも健康状態が向上していますが、不快な経験がないかと問われれば、確実にあります。

でも、悪い日がたまにあっても、エクササイズ全体としての価値は下がることはありません。

ところが瞑想の場合、あまり柔軟性がありません。

瞑想サイト「Headspace」の初心者向けシリーズを受講したとき、やさしい声がずっと何をすべきかを指示し、そしてその指示に従えば心地よくなるのだと安心させようとしていたのを思い出します。

アプリによっては、連続で実施すると報酬をもらえたり、決まった方法や決まった順序で瞑想をすることを強要されたりするものもあります。

マインドフルネスも注意が必要

では、より自由な形式、つまりマインドフルネスはどうでしょう。

考えたり音楽を聴いたりしながら、ただ呼吸に集中するこの方法でも、ものごとを考えすぎてしまう危険性があります。

心理学者のKatie Sparksさんは、New Scientistの記事で、ガイド付きの瞑想のほうが思考を適度な範囲に収められるため、「比較的安全」であると述べています。

ひょっとしたら、私たちはかつてないほどに、今この瞬間を生きたくないと願っているのかもしれません。

1つだけ、明らかなことがあります。瞑想はたくさんの人を助けてきたものの、安易に奇跡の療法だとか、脳に必須のメンテナンスと思ってはいけない、ということです。

後者の視点は米Lifehackerでも取り上げたことがありますが、注意が必要です。メンテナンスとしての瞑想は、多くの人にとって有用な比喩であるものの、万人に共通ではないのです。

ですから、不安や抑うつを払しょくするために瞑想をしてみたけれど、事態が悪化しているような気がするという人は、今すぐやめることをお勧めします。

あるいは、違う方法を試してみてください。今マインドフルネスをしている人はガイド付きの瞑想を、ガイド付きの瞑想をしている人はマインドフルネスを試してみるといいでしょう。

けっきょくのところ、リラックスのためにしているのにリラックスできないのなら、直感を信じて次に進むのが吉、ということなのです。

あわせて読みたい

マインドフルネスって何?効果と実践法

瞑想から最大限の効果を得る方法(自宅でも)


Image: Shutterstock

Source: New Scientist, Plos One

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next