連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

あえて見せる乾燥剤。湿気が気になるいろんなところに使ってみたら

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
あえて見せる乾燥剤。湿気が気になるいろんなところに使ってみたら
Photo: Hideaki Yamamura

外がジメジメなら、室内もジメジメ?

高温多湿な日本において快適に生活するには湿気対策が大事ですよね。お部屋はエアコンでコントロールできますが、ちょっとした部分の湿気対策にこんな商品はいかがでしょうか。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「ROUBAIX」は、乾燥剤でおなじみのシリカゲルに多孔質シリコンを配合した製品で、大理石のような美しい模様が特徴

今回、サンプルをお借りできたので使ってみた感想をお届けします。

見た目は石そのもの

DSC00194
Photo: Hideaki Yamamura

乾燥剤といえば、お菓子や海苔などに入っている袋状の物が思い浮かびますよね? 実際に開封することは少ないので中身を見たことない人も多いかと思います。

「ROUBAIX」はご覧の通りマーブル模様が美しいですが、見た目はただの石。パッケージには3個入っていますが、どれも模様が異なり自然物のような印象でした。

DSC00197
Photo: Hideaki Yamamura

サイズはテニスボールより一回りぐらい小さい感じで、それなりに存在感があります。

DSC00208
Photo: Hideaki Yamamura

少し見にくいですが実はきちんと上下があるんです。底面部分はフラットに加工されているため、そのままポンと置いても転がらず留まってくれますよ。

除湿効果はしっかりある

DSC00242
Photo: Hideaki Yamamura

ただのキレイな石では飾りにしかならないので、乾燥剤としてのパワーをチェックしてみました。

密閉されたタッパーにスチームアイロンで蒸気を満たして湿度58%でスタート

DSC00245
Photo: Hideaki Yamamura

約2時間経過した時点がこちら。湿度40%まで下がっていますね。

DSC00248
Photo: Hideaki Yamamura

4時間経過したところで一旦計測は終了。この時点で湿度33%まで下がっていました

こぶし大サイズということで、部屋全体の大幅な除湿は難しいですが密閉スペースをはじめ、湿気対策をしたいところでは活躍してくれそうですよ。

けっこう使えるシーンあり

DSC00209
Photo: Hideaki Yamamura

カトラリー収納に入れてみたところがこちら。筆者宅ではそれほど湿気を気にするものは入っていませんが、お箸など木製のものが多ければ役立ちそうです。

DSC00206
Photo: Hideaki Yamamura

バスタオル置き場はお風呂が近く、湯気によって湿度も高くなりがちなので活躍ポイントですね。

DSC00211
Photo: Hideaki Yamamura

毎日汗だくで帰ってくる子どもたちのシューズボックス。きっと靴もムレムレでしょうから、早めに湿気対策したいところ。

DSCF9694
Photo: Hideaki Yamamura

長く履きたい愛用の靴にはダイレクトインという方法もありですね。

夏が過ぎればブーツなどの出番も多くなるので、下駄箱に置いておくと使い勝手が良さそうです。

DSC00203
Photo: Hideaki Yamamura

除湿効果以外にも消臭効果もあるとのことなので、トイレにインテリア兼用で置いておくという方法も。


レンチンで回復

DSC00196
Photo: Hideaki Yamamura

環境にもよりますが、おおよそ1〜2週間で除湿できる限界がくるとのこと。

その場合はレンジの冷凍モード(200〜300W)で約7分間温めれば、除湿効果が復活。繰り返し使える点もいいですね。


大理石みたいで美しく、あえて見せたくなる乾燥剤「ROUBAIX」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン中です。

執筆時点では1パッケージに3個入りのコースが販売予定価格から22%OFFの3,884円(税・送料込)となっていました。

まだまだジメジメの季節も続くので、細かい部分の除湿対策をしたい方は是非チェックしてみてください!

>>電源不要の乾燥石「ROUBAIX」のオーダーはこちら

Photo: Hideaki Yamamura

Source: machi-ya

Hideaki Yamamura

swiper-button-prev
swiper-button-next