連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Apple製品用のお弁当箱? 小物収納やハブが一体化した「BentoStack」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
Apple製品用のお弁当箱? 小物収納やハブが一体化した「BentoStack」を使ってみた
Photo: Junya Masuda

食べ物は入れちゃダメ!

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「BentoStack」は、その名の通りお弁当箱のような形をしたガジェットオーガナイザー

単なる小物入れでなく、モバイルバッテリーやUSB Type-Cハブもセットになっており、これひとつあればPCやタブレット周りを快適かつ便利になる製品です。

今回、サンプルをお借りできたので使ってみた感想をお届けしたいと思います。

Apple製品と相性の良い質感

DSCF9788
Photo: Junya Masuda

お弁当箱と聞くとプラスチックやステンレス製のものが主流ですが、「BentoStack」はアルミ製。質感も高く、同じくアルミボディを纏うMacBook Proなどとも相性が良い仕上がりになっています。

固定用のゴムバンドによってお弁当箱感がグッと上がっていますね(笑)。

DSCF9789
Photo: Junya Masuda

展開してみたところがこちら。

3段重のようになっており、左からモバイルバッテリー、USB Type-Cハブ、小物収納となっています。

ワイヤレス充電もOKのモバイルバッテリー

DSCF9791
Photo: Junya Masuda

モバイルバッテリーの容量は8,000mAhと大容量ではないですが、スマホなら2回程度はフル充電できる容量。残量は4段階のインジケーターで確認できます。

DSCF9793
Photo: Junya Masuda

USB3.0のType-Aポートに加え、自身の充電も兼ねるType-Cポートを搭載。Qi充電機能も搭載しているので、最大では同時に3台のデバイスを充電可能ですよ。

ちなみにType-CポートはPD(Power Delivery)対応のようですが、最大15Wの出力(5V/3A)のため、ノートPCの充電にはスペック不足ですね。未利用時に少しずつであれば充電もできそうですが、使用中は消費電力の方が大きいので充電はできないでしょう。

ポートも充実のUSBハブ

DSCF9807
Photo: Junya Masuda

ポート数不足に悩まされるMacBookシリーズの必需品であるハブ。

「BentoStack」に付属のものはType-AやType-Cポートが2つずつに加え、映像出力用のHDMIや独立したSD&micro SDカードスロットが揃っているため、足りないと感じることは無さそうですよ。

ケーブルやカード類もスッキリ

DSCF9797
Photo: Junya Masuda

下段の収納ケースは、ケーブルなどの付属品収納にぴったり。

仕切
Photo: Junya Masuda

2つある仕切りは、動画のように動かすことができるため、小物に合わせて調整が可能です。

移動先でも整理されたデスク環境を

DSCF9809
Photo: Junya Masuda

使ってみて感じたのは、細かいアイテムで乱雑に見える作業デスクもスッキリさせることができる点。

普段だとデスク上に散らかりがちな細かいアイテム類も「BentoStack」の中に入れて、使うときだけサッと取り出せるのでとても便利。

簡単
Photo: Junya Masuda

自宅やオフィスのデスクなど、それぞれの場所で同じように整理された環境を実現可能でした。

作業が終わればサッと片付けることができるので、効率化にも繋がりそうですね!


お弁当箱のようなPCアクセサリー「BentoStack」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。執筆時点では、23,560円(税・送料込)からオーダー可能でしたよ。

ガジェットをお弁当箱に収納するってユニークなだけでなく、実用性も備わっていたので気になる方は以下のリンクからチェックしてみてください!

>>ガジェットたちの弁当箱「Bento Stack」のオーダーはこちら

Photo: Junya Masuda

Source: machi-ya

Junya Masuda

swiper-button-prev
swiper-button-next