連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

狭いキッチンの強い味方! 省スペースや時短の工夫が盛り沢山のお鍋を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
狭いキッチンの強い味方! 省スペースや時短の工夫が盛り沢山のお鍋を使ってみた

お家時間も増え、自炊の回数も増えましたよね。

筆者も仕事や勉強で忙しい毎日なので、調理時間はできるだけ短くしたいところ。それを実現するためにはレシピも重要ですが、調理器具も大事な要素なんです。

姉妹サイトmachi-yaに登場したお鍋「ARON」は、ドイツ老舗メーカー発の多機能鍋狭いキッチンでも調理がしやすく、時短につながる機能があるとのこと。

今回、サンプルを借りることができたので、実際に調理してみた感想をお届けします。

シンプルに上質なお鍋

DSC00445
Photo: Junya Masuda

「ARON」はドイツの老舗メーカーCarl Schmidt Sohnが送るステンレス製のお鍋。新品状態だと手触りもよく、丁寧な加工で上質な製品だなと思いました。

DSC00466
Photo: Junya Masuda

サイズ展開は一人暮らしにオススメな小型の16cmご家族向けの20cm2種類

外見だけを見る限り、どこにでもある普通の鍋という印象ですが、いくつもの機能が盛り込まれているんですよ。

取手に計量ポケット

DSC00480
Photo: Junya Masuda

なるほど、そう来たか!と感じたのが、取手部分の計量機能。

一人暮らしではパスタに頼ることも多いと思いますが、安定した分量調整ってできていますか? 「ARON」なら、取手のポケットに収まる量を入れれば約200g(2人分)のパスタ計量が可能なんです。

DSC00469
Photo: Junya Masuda

取手にはさらに機能があり、お玉などの調理器具を置けるポケットも兼用。狭いキッチンだと一時的に置く場所も少ないのでありがたいですね!

計量カップも不要です

DSC00477
Photo: Junya Masuda

水の計量も大雑把にやっちゃいがちですよね。「ARON」には水位線が示されているので計量カップ無しでも一定量までは計測可能です。

DSC00494
Photo: Junya Masuda

満水容量は20cm鍋は2.6L16cm鍋は1.2L。

インスタントラーメンをはじめ麺類には適切や湯量があるので、あいまいな量で茹でるより味の安定度も増すかもしれませんね。

鍋蓋の定位置があるんです

DSC00499
Photo: Junya Masuda

蓋って置き場所に困りませんか? そのまま置くのも気が引けるし、逆さまに置こうとすると水滴が垂れてきて火傷しそうになるなど、けっこう厄介な存在です。

その点「ARON」には、鍋のハンドルにひっかけることができるので蓋の置き場所には困りません。

DSC00471
Photo: Junya Masuda

横から見たところがこちら。

浮いているように見えますが、蓋の段差と取手部分がしっかりと組み合わされ、ホールド力も高めでした

ザルいらずの簡単湯切り

Video: CarlSchmidtSohn JAPAN/YouTube

湯切りはシンクにザルを置いて、という方が多いと思いますが、「ARON」にはインスタントのカップ焼きそばのような湯切り機能が備わっているため、ザルなど別の器具は一切不要。

取手のグレー部分が裏返って蓋押さえになってくれるのも面白いポイントですね。

6C3F4D63-A8AC-4208-A82C-D54A66D2C833_1_105_c
Photo: Junya Masuda

蓋の前後に直径6mmと3mmの2種類の穴がついているので、調理するものに合わせて使い分けができる設計でした。

DSC00505
Photo: Junya Masuda

茹で上がったらそのまま流せるのはとても楽でした。使う器具が減ると洗い物も必然的に減るので、後片付けも含めて時短できますね。

ちなみに、鍋の直径を超えて炎が出ていると取っ手も熱くなるのでご注意ください。

DSC00513
Photo: Junya Masuda

というわけでパスタが完成。

ソースの調理にはフライパンを使用しましたが、それ以外で使った器具は「ARON」のみ。時短にも省スペースにもしっかり貢献してくれました。


狭いキッチンでもサクサク調理を進められる多機能鍋「ARON」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点で、25%OFFの6,975円(税・送料込み)でオーダー可能となっていました。

自粛でちょっとした料理ブームも来ているので、気になった方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

>>老舗ドイツメーカーから登場した多機能鍋「ARON」の詳細はこちら

Photo: Junya Masuda

Source: machi-ya, Vimeo

Haruki Matsumoto

swiper-button-prev
swiper-button-next