連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

手のひらサイズに折り畳める、750mlの大容量ウォーターボトル【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
手のひらサイズに折り畳める、750mlの大容量ウォーターボトル【今日のライフハックツール】
Image: DiFOLD Origami Bottle / Indiegogo

おそらく、これ以上コンパクトにできるボトルが出てきても、あまり意味のある差にならないでしょうね。

その名のとおり、折り紙のように折り畳める『DiFOLD Origami Bottle』は、極めてコンパクトにできるのが特徴のウォーターボトル。

保温性、保冷性は期待できませんが、常温派にとってはちょっと見逃せないアイテムですよ。

折り畳んだら手のひらサイズに。

耐熱ポリマー製のボディには、折り目が付けられています。このおかげで、畳み方を迷うことはないと思われます。

耐久性の点から見ると、この折り目は少し気になるところですが、公式に「折り目の部分ですら超耐久性」とアピールされていますよ。

おそらく、耐熱ポリマーを採用しているので、熱や日光による劣化が進みにくいからだと推測できますね。

20200823_origami-bottle_01
Image: DiFOLD Origami Bottle / Indiegogo

言うまでもありませんが、ポリマー素材なので割れる心配も、ほとんどありません。

ラフに扱えるのは、用途によっては相当のメリットになるはずですね。

一般的なアウトドアアクティビティはもちろん、エクストリームスポーツなどでも、気兼ねなく使えるでしょう。

20200823_origami-bottle_02
Image: DiFOLD Origami Bottle / Indiegogo

食器洗浄機にも対応しているということですが、口が細いので、洗うときにはボトル洗浄ブラシを使うほうが良さそうな印象。

もっとも食器洗浄機OKということは、沸騰したお湯にさらしても大丈夫という意味でもありますから、底にこびりついた黒ずみが気になる場合には、煮沸消毒してスッキリできそうですよね。

もっとも、内側はツヤツヤに成形されていて、汚れがつきにくいとも書かれていますし、普段はブラシ洗浄だけでも、問題なく清潔だろうと思います。

容量は750mlあり、サイズ的にも十分。

また、キャップ部分にリングが付けられているので、カラビナなどを使って吊り下げておくことも出来るようになっていますよ。

あわせて読みたい

長財布とポーチの中間のサイズ感。パスポートも入る多機能ウォレット【今日のライフハックツール】

マスクを外したら、どこに置く?ポケットにも入る折り畳み式マスクケース【今日のライフハックツール】

5秒でセット完了。ワンアクションで開閉できるサンシェード【今日のライフハックツール】

Image: DiFOLD Origami Bottle / Indiegogo

Source: DiFOLD Origami Bottle / Indiegogo, DiFOLD Inc. / YouTube

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next